HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の仕事内容 > 医薬品情報業務(DI業務)

医薬品情報業務(DI業務)

薬剤師の仕事内容

薬剤師の業務は調剤や服薬指導ばかりでは無く、医薬品の情報を専門的に扱う「DI業務」と言うものがあります。
多くの総合病院等では、専門部署を設け「医薬品情報室(DI室)」を設置しています。

医薬品をより適性かつ安全に取り扱う為には、専門知識を有する薬剤師の存在は、必要不可欠なのです。
様々な医薬品に関する「投与方法・投与量・副作用・相互作用」等の重要な情報を収集するわけですが、更に安全性を追求する為にも、収集した情報そのものが、適切かどうかを判断し評価する事が必要とされています。
こうして収集された情報は、パソコン等を利用してデータとして保存・管理をしています。
院内では、その「医薬品情報」を基に、医療従事者である、医師・薬剤師・看護師等が、適切な情報を患者様へ提供する事が出来るのです。

この様に収集された膨大な情報の中には、重大な副作用に関する情報も含まれ、特に院内で発生した「副作用情報」等は重要な情報として保存されます。
本来医薬品は、安全性を充分確認した上で発売されるわけですが、それでも様々な状況の患者様に使用される事で、副作用等が発現する事もあるからです。

この様な場合においては、必ず「厚生労働省」に報告する事が必要とされているので、これもDI業務の重要な仕事の一つです。
「厚生労働省」はこの報告を受け、様々な医療機関に向けて安全性情報を発信する事で、医療機関の間で情報の共有が可能となります。

このようにDI業務とは、安全に薬を使用する為の架け橋として「厚生労働省・その他の医療機関・製薬企業」間での必要とされる情報の共有を、可能にする事が目的とされているのです。

DI業務は益々重要性を増し、今後も進歩する事が予測される業務でもあります。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜