HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の仕事内容 > 値札貼り

値札貼り

薬剤師の仕事内容

薬剤師の仕事は薬を扱うだけでなく、医薬品の入荷チェックし、品出し、そして値札貼りもあります。
値札貼りは薬を利用する人がどのくらいの値段なのかわかりやすくするために必要なものです。
実際にどのような仕事内容なのか、値札貼りについて説明します。
●ドラッグストアの薬剤師に多い仕事
「値札貼り」はドラッグストアで働く薬剤師に多い仕事です。
ドラッグストアでは基本的に陳列棚に商品を置いていき、値札を商品によって貼っていかなければなりません。
商品を手に取ったお客さんに値段がわかるようにしていくのです。
値札貼りは商品を並べていくと同時に貼ることになります。ひとつずつ貼るととても時間がかかるので大変ですが、慣れてくれば問題ありません。すぐスムーズにできますよ。
薬局でも販売している薬に値を貼っていきますが、基本的にドラッグストアで働く薬剤師の仕事になります。
とくに、チェーン店ではお客さんの症状や状態を聞いて適切な薬を紹介しなければなりません。常に、どのような薬が販売されているのか、どのくらいの値段なのか把握することが大切です。
●パートやアルバイトでも行う仕事
薬剤師の職場では、パートやアルバイトの場合、正社員である薬剤師の仕事をサポートすることが主な業務になります。
しかし、値札貼りのお仕事は正社員はもちろん、パートやアルバイトも必ず行います。
どちらかというと正社員よりも値札貼りの仕事はパート・アルバイトの主な業務になるところもあるので要チェックです。
比較的自由な時間で働けるアルバイトやパートで、ドラッグストアや薬局で働こうと思っている人は「値札貼り」の仕事をぜひチェックしてくださいね。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜