HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の仕事内容 > 環境政策

環境政策

薬剤師の仕事内容

国民の生活に関連した「環境劣化・環境汚染・環境破壊・環境攪乱」等の環境に関連する課題について「法律・経済・工学・科学」等の様々な分野から、現実的にどのような方向で国民の健康・安全を確保できるか、必要だと思われる方策を提案する事が「環境政策」の主な目的とされています。

政策の手段として大きく分けると「規制・経済的手法・情報的手法」に分類されます。現在この政策は様々な形で実践され、国の行政機関だけでは無く、地方自治体においても問題対策の一端を担っています。

都道府県及び市区町村において、各部署に分かれ「環境政策」を行う上で必要とされている人材が「薬剤師」と言う存在です。 「薬剤師」は、調剤や服薬指導を行う事だけを求められている訳ではありません。 薬学の知識をベースに様々な角度から、環境政策全般に渡る「企画立案・規制・指導・調査」などを研究・実践する事が可能とされているのです。

現在多くの自治体が力を入れている環境対策として「地球温暖化の防止」の為の「温室効果ガス排出量の削減」や「県民や事業者の省エネルギー化」等の支援を実施しています。 これらの自治体の取り組みには、多くの「薬剤師公務員」が関わっています。関係機関と連携する事で、「県民の意識啓発」「事業者の省エネ設備の導入促進」等において活躍しているのです。

また、最近では公的機関だけでは無く、一般企業が「環境政策」の担い手として、企業内での「環境対策事業」に力を入れています。 企業で働く社員の中にも、薬剤師として採用された後に、薬局とは全く関係の無い「環境事業」に関連する部署、または事務局等で活躍されている薬剤師の方がたくさんいらっしゃいます。

この様に「環境対策」において、薬剤師の存在は必要とされているのです。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜