HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の仕事内容 > 子供の指導

子供の指導

薬剤師の仕事内容

子供への服薬指導も薬剤師の大切な仕事です。
大人よりも薬を嫌がる子供が多いので一苦労している親御さんも少なくありません。
そこで薬剤師が大きな力を発揮します。
では具体的に子供の服薬指導はどのような内容になるのか詳しく説明します。気になっている人はぜひチェックしてください。
●本人ではなく保護者に詳しく説明する
大人への服薬指導は薬を飲む本人に行いますが、子供の指導は主に保護者である親御さんに説明することになります。
子供本人が中学生・高校生など理解ができる年齢であれば良いですが、まだ小さいと薬の飲み方が理解できません。
よって、子供本人ではなく保護者である親御さんに説明しなければならないのです。
薬の飲み方や服用量、効果など詳しく説明してください。
保護者がしっかり理解しておけば、子供への服用もスムーズにできますよ。大人の理解があってこそ子供の指導ができます。
●うまく子供に飲ませる方法
「子供がなかなか薬を飲んでくれない」と悩んでいる保護者の方は結構多いです。
そこで薬剤師に相談してうまく子供に飲ませる方法を教えてもらいます。薬剤師は保護者の悩みが解決できるように的確にアドバイスしなければなりません。
どうすれば子供が薬を飲んでくれるのか、薬剤師は保護者の方にアドバイスをしてください。
保護者はアドバイスに安心して子供に薬を飲ませます。
何か困っている時にすぐ手助けになれるよう薬剤師は常に指導できる立場で働くことが大切です。
とくに小児科で働いている薬剤師ほど、子供への服薬指導は増えます。子供が大好きな人にとっては非常にやりがいのある仕事ではないでしょうか。
子供はもちろん、親御さんの理解も必要ですよ。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜