HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師の仕事内容 > 処方箋を扱うときの注意点

処方箋を扱うときの注意点

薬剤師の仕事内容

医師から受けた処方箋の内容は、必ずしも正しいとは限りません。 患者様に、安全なお薬を提供する為にも、薬剤師による二重チェックは、必要不可欠とされているのです。 患者様の「氏名・生年月日」の確認、「処方箋の有効期限」(特に記載のない場合、院外処方箋は発行日を含めて4日間が有効期限)は最低限確認する事です。 次に「用法・用量」「薬の重複」「飲み合せ」「アレルギー禁忌」「残薬の確認」等、患者様それぞれの状況を、お薬手帳や薬剤師カルテを用いて、慎重にチェックしていきます。 万一、薬剤師の目から見て、その処方箋に疑問を抱いたのであれば、「その疑わしい点を確かめた後でなければこれによって調剤してはならない」と、薬剤師法第24条に記されているように、必ず医師に疑義照会をしなくてはなりません。 中には「立場が上である医師に、疑義照会はしづらい」と思われる方もいらっしゃいますが、薬剤師は「薬の専門家」である以上、医薬品に関する知識に自信を持たなければなりません。 万一、疑義照会を怠った事で、患者様の命を危険にさらすような事になってからでは遅いのです。 実際に疑義照会をきちんと行っているかを、調査したところ、ある市町村における「救急診療所」の1年間の処方箋703枚の内、疑義照会を行ったのは141枚だけと、20%にとどまりました。 照会内容で、最も多い理由としては「処方箋の記載漏れや判読不能に伴う照会」で、これは、医師の悪筆により「規格不明」または「服用時点・間隔の不明」とされています。 医師の処方箋の中には、調剤の製法によって、本来の請求金額よりも加算請求が発生する事もあります。 もし、必要性の無い調剤製法により加算請求が発生していれば、明らかに「詐欺行為」となります。 この様な不正請求を、処方箋により事前にチェックする事も大切な事です。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜