HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > コミュニケーション > 会話のテンポをゆっくりにする

会話のテンポをゆっくりにする

コミュニケーション

薬局に訪れる患者様の中には、高齢者の方や、聴力の弱い方もいらっしゃいます。
ですから、あまり早口で会話をされると、聞き取りにくい事もあります。

こう言った患者様の中には、毎回の事なので、もし聞き取れなかったとしても「わかったふり」をしてしまう方もいらっしゃいます。
また、疑問に思ってもう一度同じことを、質問しても、薬剤師の中には、面倒くさそうに、また早口で応える事も少なくありません。
その度に患者様は嫌な思いをする事や、不快な思いをする事で、薬剤師への質問を極力しないようにする場合もあります。
これでは患者様自身が、病気をなす上で最も大切な「治す気力」を失っています。
更には、病院や薬局への足が遠のく事で、せっかく治る病気を放置してしまう恐れがあります。

患者様には、病気の事実・薬の内容・服薬方法・副作用の有無を知る権利があります。
また、薬剤師は、それらの事実を把握した上で、適切な薬の服用方法や、副作用の有無を説明する義務があります。

この様な事態を防ぐためにも、薬剤師は「会話のテンポをゆっくりにする」必要性があります。
勿論これはケースバイケースで、良く聞こえている患者様に、会話のテンポをゆっくりにしていたら、逆にイライラされてしまいます。

最初に会話をする際に、患者様が「聴き取れているかどうかを確認する」と言う事が必要です。
お名前を聴いた時点で、反応が無い場合や戸惑うような場合は、聴き取れていない事もあります。
また、服薬指導や説明の際に、目線が薬剤師指先や、薬に向いていない、重要な場所で顔を上げない等のときには、内容を聴きとれていない場合が考えられます。
人は重要な内容を把握しようとするとき、大切な事に目線を動かすものです。
これらの点を注意しながら、必要があれば「会話のテンポをゆっくりにする」事が大切でな事です。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜