HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > コミュニケーション > 薬剤師=専門家、患者=弱者などの観念を持たない

薬剤師=専門家、患者=弱者などの観念を持たない

コミュニケーション

薬剤師の業務は、調剤などの専門的知識や技術力ばかりではありません。
こうした「テクニカルスキル」は、薬剤師になる為に必要な知識・技術として、既に習得してきたものです。
むしろ白衣を着て、薬剤師として薬局に立っている以上、薬剤師としての知識・技術を持っている事が前提のはずです。
「薬剤師」の国家資格を取得した事だけで満足してしまっている方もいらっしゃいますが、それだけでは、薬剤師としては、まだまだ未熟です。

薬局のドアが開いて患者様がいらした時、どのような言葉で迎えますか。
もし「何も言わない」と言う方がいれば、それは薬剤師としてだけでは無く、人としても失格と言えまるでしょう。
次に「処方箋出してください」等、いきなり業務内容に入っている方もまた、薬剤師としての勉強が、不十分と言えます。
「おはようございます」「こんにちは」等、挨拶から始まれる方は、薬剤師としてだけでは無く、社会人としての成長が順調にできていると言う証拠です。

「薬剤師」の大切な事は「コミュニケーションスキル」つまり「人と人との繋がり」です。
薬剤師は確かに「薬の専門家」です。
しかし、決して「薬剤師=専門家」「患者様=弱者」ではありません。
患者様に対して、横柄な態度や、偉そうな態度でお薬の説明をしている薬剤師を見かける事が有りますが、患者様は「薬の知識が無い」と言う事が前提であって、薬剤師=専門家(強者)、患者様=弱者と言う事ではありません。

もしかしたら患者様の方が、薬剤師である自分よりも遥に年上で、人としての知識を豊富に持っている大先輩かもしれません。
また、人としての魅力があり、誰からも慕われているかもしれません。

薬剤師が、心から患者様の立場になって接する事で、患者様にも気持ちが伝わるのです。
薬局で患者様の立場で話を聴き、自然と笑顔・挨拶が提供できるようになれば、薬剤師として、また社会人として初めて1人前と言えるでしょう。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜