HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > コミュニケーション > 高すぎるプライドを持たない

高すぎるプライドを持たない

コミュニケーション

薬剤師として大切な心構えは「患者様の立場に立って考える」と言う事です。
薬局へいらっしゃる患者様は、身体の不調があるからこそ医師に診察をしてもらい、薬局に薬の処方をしてもらいに来ているわけですから、不安を抱えている人が殆どです。

患者様がいらした時には、まず大きな声で、はっきりと挨拶をする事は当たり前の事です。
しかし、残念ながら、この当たり前の事が出来ない方もいらっしゃいます。

薬剤師としてだけでは無く、社会人としての最低限のマナーである「挨拶」が全く出来ない薬剤師に対応された時、患者様は正直それだけで不快な気持ちになります。
ただでさえ病気で心も塞ぎがちの状態の所に、不愛想に処方箋だけ受け取って、必要最低限の質問だけして調剤室に行かれてしまったら、それだけで不安が大きくなります。

そのような態度をとっている事に、実は本人は気が付いていない場合もあります。
「薬剤師は調剤だけすればいい」「大学を出て国家資格まで取得しているから大丈夫」等、全く社会のルールやマナーを学ばずに学生時代を過ごしてしまった方に多いようです。

「薬剤師」は「薬の専門家」であっても、「薬の素人」である「患者様」と接する際には、決して「強者」になってはいけないのです。
患者様と薬剤師は常に「目線を同じ」高さにする事で、その患者様の本当の不安や、疑問を理解できるのです。

患者様にしても、上から目線で説明だけを延々とされたのでは、納得のいく服薬治療をすることが出来ません。
薬剤師の仕事は「薬を調剤して、薬の力で病気を治療する」のではありません。
「患者様の立場になり、本当の「不安や疑問」に答え、心の底から「納得のいく医療」の補助をする事なのです。

技術だけでは、病気の治療は出来ません。
「薬剤師」として「患者様に寄り添い」本人が「納得した、安心のできる医療」を提供する為にも、下手なプライドは捨てるべきです。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜