HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > コミュニケーション > お薬手帳を活用する

お薬手帳を活用する

コミュニケーション

「お薬手帳」の有無を伺った際、お持ち頂いている患者様は良いのですが、「手帳はいらない」「家にある」とおっしゃる患者様もいらっしゃいます。

「お薬手帳」には「重複投与や相互作用の防止・. 副作用の再発防止・災害時や旅先での急病やケガ」等、患者様の健康を守る大切な情報が記入された、便利なアイテムの一つです。

ご自分の処方されているお薬の内容を的確に覚えている方、特に「慢性疾患・副作用歴・アレルギーの有無」等を説明できる患者様は、中々いらっしゃらないと思います。
患者様から、お薬手帳に記入されている全ての情報を、口答で得るのは、難しい事です。
患者様に「お薬手帳」の必要性を説明する事が一番良い方法なのですが、患者様の中には「お薬手帳の所持は個人の自由」と思われている方もいらっしゃいます。
患者様に、既往歴や、アレルギーの有無などをお伺いした時点で「お薬手帳に記入されていると、どの薬局でもすぐに伝えられますよ」等、患者様に「お薬手帳の便利さ」を説明してみる事も方法の一つです。

また「お薬手帳の活用法」で、あまり知られていないのが「血液検査」や「血圧測定」の結果を添付しておくことです。
処方したお薬による「副作用」や、患者様の「体調」を観察する上でも、とても重要な情報源ですので、そういった使い方も知っていると便利です。

患者様の中には、服用しているお薬を切らしてしまった事で、重大なリスクが生じる場合も考えられますので、「お薬手帳」は旅先を始め、外出時には必ず持参する事で最悪な状況を回避する事も可能です。
医師の診察や薬剤師の調剤だけでは無く、ご自身の命を守る為にも「手帳」の重要性を説明する事が、薬剤師としての大切な仕事です。

今まで「処方されたお薬」を「服用した後の状況」や「質問・意見・要望」等も一緒に記入されていると、益々薬剤師にとっても、患者様にとっても便利なアイテムとなります。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜