HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > コミュニケーション > 疑問・質問に的確に回答する

疑問・質問に的確に回答する

コミュニケーション

患者様の中には、自分の症状や、薬に関しての「些細な疑問を質問したい」と思っている場合は良くある事です。
そう言った時に、薬剤師の返事が不明瞭な場合や、最悪な場合「そんなことも知らないの」と言った感じに、鼻であしらわれる場合もあります。

薬剤師から見て「どんなささいな疑問や質問」であっても、患者様にとっては、大きな心配となる事や、また、服薬において、事故につながる可能性も否定できません。
ですから、薬剤師は小さな疑問や質問に対しても、的確で分かりやすく、明確に答える必要性があるのです。
的確に回答する事で、患者様の不安も無くなりますし、万一患者様が間違った理解や服薬をしている場合に、事前に事故を防ぐことも出来るのです。

中には、薬剤師によっては「薬の服用方法」を、しっかりと理解していない場合もあり、患者様にからの質問に答えられない場合があります。
その際に「ちょっとお待ちください」等と、他の薬剤師に確認をしている場面等を、患者様が目にしたらどう思われるでしょう。
「この薬局は二度と利用したくない」と言った、不安感を抱かせてしまいかねません。

これは「ドラッグストア」等に常駐している薬剤師にも言える事です。
OTC医薬品を選ぶお客様が「作用や服作用についてしっかりと確認しながら薬を選ぶ事ができる」為にも、薬剤師の的確な回答が出来る、医薬品の知識が必要となります。
中には、自分の症状の原因が不明な場合や、適した医薬品が判らない場合もあります。
薬剤師が「疑問・質問に的確に回答する」事が出来ていれば、症状に合わせてOTC医薬品を販売するか、的確な受診勧奨をするかの判断も可能です。

薬剤師に必要なスキルとして「薬についての知識を、常に勉強する」事は大切な仕事であり、業務の一つだと言う事をしっかり認識して仕事をしていきたいものです。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜