HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > コミュニケーション > 知る努力をする

知る努力をする

コミュニケーション

薬剤師に必要な事、それは「患者様が持つ不満を理解した上で配慮する事」です。
その為にも「患者様が何を必要としているのか」を徹底的に知る必要があります。

「挨拶」と「言葉遣い」は、薬剤師にとっても、社会人にとっても当たり前のことですが、これをする事で、患者様との距離はぐっと縮まり、薬局に対するイメージもずっと違ってきます。
その上で、じっくりと「患者様の心の声」を「聴く」と言う事が大切です。

医療に従事する薬剤師にしてみれば、患者様との対応は当たり前の事になっていますが、患者様からすれば、当たり前ではありません。
中には「病気をしたことは無い」と言って、病院も薬局も初めてお越しになる患者様もいらっしゃいます。
そんな方々が、薬剤師に心を開いて頂く為には、じっくりと「聴く」事なのです。

患者様は、常に「特別扱い」をしてもらう事で「この人は信頼できるかな」と言うプラスの感情を抱き始めます。
症状・病名・生き方や考え方など、患者様は様々であり、十人十色です。

その後患者様の立場に立つことで、自然と患者様に必要な情報を提供することも出来ますし、何より患者様本人の現在の様子を把握できます。
これは服薬治療においても、とても大切な事であり、患者様の病気の回復へも繋がります。

例えば、費用の面、特に長期に渡って投薬治療を行う場合、患者様によっては不安も出てきます。
お金の話は、誰でも話にくい物です。
患者様の話を良く「聴く」事で、その意味をいち早く察知し、それに対する回答を提供してあげる事が大切です。

そのような心配をされている事を知ることが出来たなら「ジェネリック医薬品」をお勧めする事も出来ます。
遠慮して費用の事を打ち明けられなかった患者様も、理解してくれた薬剤師に対して、信頼感が生まれるはずです。

薬剤師の仕事はまず「患者様を知る事」であり、その為にも「良く聴く」事が必要なのです。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜