HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > コミュニケーション > 服装、身だしなみ

服装、身だしなみ

コミュニケーション

「薬剤師」は「医療」に携わる上で、「医師」や「看護師」と並び、人から見た印象に非常に気を遣う現場でもあります。

薬剤師としてどのような身だしなみに気を付けるべきか、幾つか例に挙げてみたいと思います。
まずは、「社会人としてのマナー」として、常識的に考えた上で、出勤時の服装を考えてみましょう。
出勤する際に「動きやすいから」と言う理由でTシャツにジーンズで出勤したとしたらいかがな物でしょうか。
いくら、上から白衣を着用していても、他の薬剤師はその服装を知っている訳です。
正直「この人に仕事を任せて大丈夫だろうか」と言う疑問を持たれるはずです。
一般的に、Tシャツもジーンズも「普段着」であって「仕事の服装」ではありません。
仕事に必要な服装は「オシャレ」である事よりも「身だしなみ」を重視します。
勿論「動きやすい」と言う事は必要ですが、薬剤師の現場では、信頼感と好感を持たれる為にも、白いシャツやチノパン等のベーシックな物を着用するようにしましょう。

職場によって多少は異なりますが、勤務中は基本的に白衣を着用し、カウンター内で隠れる部分である足元にも気を遣う事が常識です。
相手に対して(この場合は職場の同僚や上司、患者様になる訳ですが)「薬剤師」として「医療関係者」として、清潔を第一に「清潔・安心・安全」のイメージを崩さないようにすることが重要なポイントです。

具体的には「清潔感のある髪の毛(フケや抜け毛はないか)」「化粧」「髭(無精髭はないか)」また「シャツや白衣の汚れ」等、チェックポイントが幾つか出てきます。
足元も、万一カウンターの外に出た場合、不潔な印象を持たれないよう常に磨いておきましょう。
更に、香水は勿論、整髪料やシャンプー・洗濯洗剤も気を配り、あまり香りが強くない物
を選ぶべきです。

重要なのは自分が「薬剤師」であると言う認識を持って、身だしなみをする事が大切な事なのです。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜