HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師コラム > 薬剤師の在宅ワークについて

薬剤師の在宅ワークについて

薬剤師コラム

「薬剤師¬=調剤業務・服薬指導」と思われがちですが、薬剤師だからこそ可能な在宅ワークも存在します。
数はあまり多くはありませんが、育児や介護などの理由で、外で働く事が出来ない場合にも「薬剤師」と言う資格は充分役に立ちます。
特に女性に多い理由ではありますが、育児や介護、その他の理由で職場から離れていた薬剤師は少なくありません。
そう言った薬剤師の中には、ブランク後にせっかく復帰されても、不安感からついて行けずにリタイアしてしまう方もいらっしゃいます。

復帰の際にも、ブランクを感じる事無くスムーズに業務に取り掛かりたいと思われる方には、とても良い仕事でもあります。

「薬剤師の在宅ワーク」の代表的な例はいくつかあります。

「薬剤の添付書類の翻訳」
日本で未発表である「輸入薬剤」の添付書類の翻訳をする仕事です。
医薬品のネット販売の普及に伴い、海外の医薬品も扱われるようになった為、増えている在宅ワークの一つです。

「薬事に関する海外文献の翻訳」
日々進歩している医療において、海外からの翻訳ソフトは重要な情報源の一つです。
様々な医薬品などの医療関連の文献を翻訳する仕事で、ある程度の知識が必要なため、薬剤師の在宅ワークとして人気が高い仕事になっています。
英語のスキルも必要ですので、英語力がある薬剤師にはお勧めの仕事です。

「医療ライター業務」
「医療品・医薬品」に関する記事や、薬剤師サイトのブログ記事など、薬剤師ならではの文章を作成する仕事です。
文章を書く事に興味のある方でしたら、楽しみながら出来る在宅ワークです。
薬剤師や医療従事者向けのサイトを作成している会社で募集をしているケースが多いです。

この他にも「DI業務」(医薬品に関する情報整理)や「書類作成業務」等もあります。
インターネット等で検索できますので、一度調べてみると良いかもしれません。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜