HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師コラム > 転職する時の注意点

転職する時の注意点

薬剤師コラム

現在は、一昔前よりも、考え方が柔軟になったのでしょうか。
「転職」そのものは、非常にしやすい状況になったと言えます。
特に「薬剤師」に関しては「国家資格」と言う事に加えて「薬剤師不足」により、需要は高いと言えます。

しかし「転職」は言わば人生における「転機」でもあります。
「この職場が嫌になったので、転職します」と言った簡単な考えで、前職を退職してしまった場合、転職先でもトラブルが生じる場合もあり得ます。
その都度転職を繰り返していれば、最終的には「仕事が続かない人」と見なされ、転職先自体見つからなくなってしまいます。
基本的に仕事と言うものは「結婚」と同じで「永久就職」であると考えるべきでしょう。
そう簡単に「離婚(退職)」をする事を考えてはいけないと言う事です。

「転職」は、今までの知識や経験があっても「一からの出直し」です。
慣れるまでは、困難に出会うかもしれない事を念頭に置いて、他の先輩薬剤師とのコミュニケーションを図りながら、謙虚な態度で仕事に臨むことが必要です。

一大決心の末に転職を決意したのであれば「一生働く」と言う気持ちで、自分によりふさわしい「転職先」を見つける事も重要です。
出来れば「中途採用者の為の新人研修」等があれば、いきなり現場に放り込まれて、仕事を覚えられない状態にならない為にも、安心出来ます。

また大半の転職理由は、前職に対する不満からです。
だからと言って退職する前に、同僚などにうっかり職場の悪口を言う事や、仕事をいい加減に終わらせる事はしてはいけません。
そういった悪い情報こそ、人づてに転職先にも入ってくるものです。
特に、薬剤師業界と言うのは「意外と狭い世界」であると言うことをしっかり認識しておきましょう。

転職の際は「円満退職」を心掛け「一生働き続けられる職場」を見つける事が大切です。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜