HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師コラム > こんな薬剤師に処方してもらいたい

こんな薬剤師に処方してもらいたい

薬剤師コラム

患者様によっては、処方してくれた薬剤師に満足している場合ばかりとは限りません。
中には、「こんな薬剤師には二度と処方してもらいたくない」とおっしゃられる方もいらっしゃいます。

患者様から見て、「良い薬剤師」と「悪い薬剤師」とは、どのような差が有るのでしょうか。

一番好感度が高く評価される薬剤師は「はっきりとしたしゃべり方」が挙げられます。
やはり、一番大きな業務として「服薬指導」と言うものが有りますので、そう言った時に、「声が小さい・聞き取りにくい・言葉使いが悪い」と言う薬剤師は、敬遠されがちです。

薬剤師の使命は「適切な薬物療法」を、患者様自身に「良く理解して頂く」と言う事ですので、服薬指導の内容がきちんと伝わらないようでは、業務を遂行した事にはなりません。
患者様の「病気療養に必要な情報」を的確に伝えられないような薬剤師では、話にならないと言う事です。

また、待合室で、患者様は薬剤師の動きを非常に良く観察しています。
その為、ダラダラ仕事をしているようでは、自然と患者様もイライラした気持ちに陥りやすくなります。
特に、混雑時であれば尚更の事、直接患者様と接していない業務を行っていたとしても、折り目正しく、ピシッと仕事をこなす事が、「良い薬剤師」である為に必要な事でもあるのです。

「こんな薬剤師に処方してもらいたい」と思っていただく事は、非常に薬剤師として重要な要素の一つです。
それは、「その薬剤師を信頼している」と言う証拠でもあり、そういった薬剤師が多く働く調剤薬局であれば、自然と患者様は増え、薬局自体の売上も増えるので、当然薬剤師自身の給与にも影響してくると言えるでしょう。

出来るだけ、「きびきびとした身のこなし・清潔感・丁寧な話し言葉」を心掛けて、好感度の高い薬剤師を目指しましょう。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜