HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師コラム > 厚生労働省が発表!薬剤師数28.8万人で前回調査より2.9%増加

厚生労働省が発表!薬剤師数28.8万人で前回調査より2.9%増加

薬剤師コラム

薬剤師業界は空白の二年間から持ち直す!?

2015年12月、厚生労働省が平成26年(2014年)医師・歯科医師・薬剤師調査の結果を公表しました。(平成26年12月31日現在、届け出のあった薬剤師数を集計)

これによると、薬剤師数は288,151人で前回と比べて8,099人、2.9%増加しています。人口10万人あたりの薬剤師数は226.7人で前回と比べて7.1人増加しています。

薬学部が6年制に移行したことで薬剤師業界には「空白の2年間」という大きな問題が生じ、薬剤師不足で悩まされていました。そのため、2年前に行った調査では薬剤師数は1.3%増にとどまっていましたが、今回の調査で2.9%増とやや持ち直す形となりました。

a0150_000138_m

やはり人気の薬局

職種薬局医療施設ドラッグストア大学
人数161,19854,87912,8465,103
増減数(率)8,186(5.3%)2,175(4.1%)△1,004(△7.2%)△146

薬剤師の職種別で見てみると、薬局で働いている人が161,198人で全体の55.9%を占め5.3%の増加となっており、薬剤師の半数以上が薬局で働いていることになります。以前からの薬局人気は変わっていないようです。

医療施設は54,879人(全体の19.0%)で4.1%増加となりました。そのうち病院で働く人が48,980人(全体の17.0%)、診療所で働く人が5,899人(全体の2.0%)となっています。

drugstore_tenpo

登録販売者が影響?ドラッグストアは薬剤師減少

薬局や医療施設とは反対の結果になったのがドラッグストアです。ドラッグストアで働く人は12,846人で前回調査に比べて1,004人(7.2%)の減少となりました。

これは改正薬事法により2009年から始まった新しい資格「登録販売者」の存在が影響しているのかもしれません。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜