HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師コラム > 無料で読める薬学系の雑誌

無料で読める薬学系の雑誌

薬剤師コラム

薬剤師として、日々勉強をする事は、とても大切な事です。
しかし、実際に「医薬品」や「医療」に関する書籍を購入するとなると、かなり高額なものが殆どです。
もし「無料」で常に勉強できるとしたら、いかがでしょうか。
通勤途中のバスや電車の中、昼休み、自宅で寝るまでの1時間程度等、ちょっとした空き時間に気軽に専門書を読むことが出来ます。
少しずつ知識を積み重ねる事で、薬剤師としての財産にもなります。

医薬品・医療に関する無料の雑誌は意外とたくさん存在しています。
ここで、人気のある雑誌を幾つか挙げておきましょう。

「ファーマトリビューン」
これは「メディカルトリビューン社」が作成している薬学雑誌で、特徴としては「現場の医療従事者」を取り上げた記事が多い事です。
「医療志向」が前面に押し出された雑誌ですので、是非目を通してみると良いでしょう。こちらは、依頼すれば無料で送ってくれます。

「日経ドラッグインフォメーション」(日経DI)
薬局では定番とされる雑誌ですので、一度は目にしたことが有るかと思われます。
現場のニーズに合った情報を判りやすく説明してくれているので、充実した情報を得るために役に立ちます。

「メディセオジャーナル」
これは、卸業者さんが持ってきてくれる「医療冊子」で、無料の割に中身が濃く、医療情報や医薬品ニュース等の幅広い最新情報を紹介しています。

「エクセレント・ファーマシー」
「大日本住友」の医療雑誌で、薬剤師として一番気になる「医師目線」の記事もあるので、かなり参考になると思われます。

これ以外にも、無料で読む事の出来る「薬学系雑誌」はたくさんあります。
ネットで検索してみる等して、必要があれば依頼して届けてもらうのも良いでしょう。
まずは自分の勤務先で「医療系雑誌」を探してみて、興味ある物は全て目を通してみましょう。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜