HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師コラム > 2016年度調剤報酬改定「かかりつけ薬剤師」の仕事

2016年度調剤報酬改定「かかりつけ薬剤師」の仕事

薬剤師コラム

2016年度診療報酬改定で新たに「かかりつけ薬剤師指導料」が新設されました。
これにより、患者さんに同意の上でかかりつけ薬剤師として服薬指導等の業務を行った場合に加算できるようになります。

かかりつけ薬剤師になるには

しかし、薬剤師全てがかかりつけ薬剤師になれるわけではありません。
かかりつけ薬剤師になるための条件も定められています。

■薬局に3年以上の勤務経験がある
■当該薬局に週32時間以上勤務かつ半年以上在籍している
認定薬剤師である
■医療に関する地域活動、社会活動をしている

以上のような条件を満たした上で、患者さんから同意書に署名をもらうとかかりつけ薬剤師になることができます。

新卒薬剤師や、その店に配属されたばかりの薬剤師ではなることはできません。
お客さん側から考えてみても、自身の病状に関わる薬はベテラン薬剤師に相談したいはずです。

かかりつけ薬剤師になったら何が変わる?

かかりつけ薬剤師になったら何か特別な業務は発生するのでしょうか?
実はかかりつけ薬剤師になっても、行う業務は今までと特に変わりはありません。

服薬指導、薬歴管理、調剤、薬や健康に関する相談を行うことになります。

では何が変わるのか?
算定要件には以下の様な内容の文が記されています。

■患者さんからの相談に24時間応じる体制を整える
■開局時間外の連絡先を伝える
■患者さんに勤務表を渡す

かかりつけ薬剤師に指名されたら、24時間体制で相談に応じる必要があります。
従来と仕事内容はほとんど変わりませんが、かなり負担は増えそうです。

新制度の普及のためには、会社携帯を用意する、かかりつけ指名手当、夜間手当などの会社側の制度の充実が不可欠と言えそうです。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜