HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師コラム > 海外で働きたい

海外で働きたい

薬剤師コラム

欧米では「薬剤師」と言う職業は、日本国内よりも重要な位置を占めています。
「薬剤師」を現在目指している薬学生の中にも、既に海外で仕事をする事を視野に入れている方もいらっしゃいます。

ただ、残念ながら日本で取得した「薬剤師国家資格」は海外でも通用するわけではありません。
多少なりとも制度や、地域性も併せ、勉強し直さなければならない事もありますし「医療制度そのものが違う」と言う事を認識しておく必要があります。

「トランスファー」と言う制度を活用して、海外で活躍されている薬剤師の方もいらっしゃいますが、「トランスファー」とはどのような制度であるかご存知の方は少ないと思われます。

これは、国や地域によって異なります。
アメリカの場合、国家資格合格の為には、薬学部を卒業してから2年程度のインターンを経なければなりません。
しかし「トランスファー」の制度を利用すれば、日本の薬剤師免許を取得している場合、アメリカでの「薬学部の卒業が免除」されます。

ただ、アメリカでこの制度を利用するにあたって、州ごとに異なりはしますが、様々な英語の試験を受ける事が条件とされています。
特に日本人の苦手とされるスピーチテスト(TSE)は、非常に難関とされています。
また、この英語のテストの他に、インターンとして500~2000時間程度の実務経験が必要とされます。

これとは別に、他の業種も含め、海外で長期間働く為には「労働ビザ」が必要になります。
これは簡単に取得出来るものではありませんので、時間と努力が必要とされる事を覚えておきましょう。

「海外で」と言う意味では「国境なき医師団」や「海外青年協力隊」等の短期間のボランティアとしての働き方もあります。
ただこちらは報酬を求めると言うよりも、あくまで「ボランティア」としてなので、興味のある方はHP等で確認してみると良いでしょう。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜