HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師コラム > 薬剤師飽和問題について

薬剤師飽和問題について

薬剤師コラム

「薬剤師の不足」と言われている中、その裏では「薬剤師飽和状態」も囁かれています。
これはどちらも「事実」と言えます。
相反するものがどちらも事実と言うのもおかしな話ですが、これには大きな理由と、問題が原因となっています。

まず「飽和時状態」に関しては、2012年度の春より、これまでの4年制から6年制に移行した新しい薬剤師が誕生しました。
これを受け、様々な大学での薬学部の設置により、乱立状態となっています。
その為、2年間の空白の後、毎年、1万5千人が薬剤師の国家資格を受験し、多くの薬剤師が排出されることになったのです。

現状、薬剤師の数だけ見ると、飽和状態にありますが、この中には結婚や出産を期に退職し、眠っている薬剤師免許も含まれています。

この様な背景の中、都市部では「飽和状態」と言えます。
しかしその反対に、地方では深刻な薬剤師不足が問題とされています。

地方においては過疎化が進み、高齢者の数が増加しています。
それに対して高齢者施設の数は圧倒的に少なく、在宅による介護を余儀なくされているのが実情です。
その受け皿として「在宅医療」の普及を進めていますが、その為に必要な薬剤師が不足している事が問題とされているのです。

更に、調剤や服薬指導は出来るものの「質の高い薬剤師」はまだまだ少ないと言えるでしょう。

今後必要とされる薬剤師は「質の高い薬剤師」となる事が目標とされます。
更に、高齢化社会のニーズに合わせた「在宅医療の知識を身に付けた薬剤師」は必要不可欠な存在とも言えるでしょう。

今後の「薬剤師飽和状態」と「薬剤師不足」の解消の鍵は、薬剤師一人一人が「知識・技術」共に向上し、個々の「専門性」を身に付ける事が、解決の糸口と言えるのではないでしょうか。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜