HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師コラム > 薬剤師を副業として働く

薬剤師を副業として働く

薬剤師コラム

薬剤師の年収は、初任給が高額であるのに対し、その後は伸び悩む傾向にあります。
ですから「もう少し収入を増やしたい」と思われる薬剤師もたくさんいらっしゃいます。

本業の「薬剤師」として勤務をした上で、更に副業をしたいと思われている方もいるのではないでしょうか。
ただ、薬剤師を本業(正社員)として勤務している場合、原則副業は認められていない所が殆どです。
理由としては、医薬品を取り扱う上で、人命にも関わる可能性もある事から「ミスを起こさない為」とされ、勤務時間以外は「きちんと休んでほしい」と言う配慮と「薬剤師としての業務に集中して欲しい」と言う事からだとされています。
この逆で、通常は薬剤師以外の仕事をした上で、それ以外に「副業」として「薬剤師」として勤務する事も、雇い主からすればあまり歓迎されないのが実情です。

「薬剤師」と言う職業柄、出来るだけ集中して業務をこなす事で、最高の医療を提供する事が求められているのです。

「管理薬剤師」に関しては、基本的には他店との掛け持ちは、法律で禁止されています。
ただ「副業」で勤務する先で「管理薬剤師」としてではなく、通常の「薬剤師」としてなら可能です。

どうしても、薬剤師として「副業」を考えているのならば、まずは、現在薬剤師として勤務している職場が「副業」を禁止していないかを、確認しましょう。

薬剤師として副業をする場合にお勧めできるのは「ドラッグストア」です。
ドラッグストアであれば、開店時間が長いと言う事もあり、本業の勤務終了後にアルバイト・パート薬剤師として勤務可能です。
扱う医薬品もOTC薬品ですので、その知識と理解があれば業務的に可能と思われます。

どちらにしても、薬剤師として「副業」をする事は、体力的にも、時間的にも難しい事ですので「収入を増やしたい」と言う目的であれば、本業での「キャリアアップ」を目指すか、給与条件の良いところへの転職をお勧めします。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜