HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 薬剤師コラム > 60代の転職は厳しい?

60代の転職は厳しい?

薬剤師コラム

一般的な常識からすると「60代の転職は非常に厳しい」と言うのが現実です。
しかし薬剤師に関して言えば、必ずしもそうとは言えません。
60代であっても、現状では深刻な「薬剤師不足」により、引き続き需要の多い職業となっています。
その為、年齢を問わず「薬剤師としての知識・経験・技術」があれば、ある程度の転職先を見つける事も可能です。
特に「管理薬剤師」や「薬局長」の経験のある場合、そういった経験のある薬剤師に限定して募集をかける場合もあります。

「60代の薬剤師」の強みは「豊富な人生経験」です。
この経験値によって、人間としての、深みも出てきます。
薬局によっては、こういった年配の薬剤師を常駐させる事で、患者様への安心と信頼をアピールする場合もあります。

ただ、60代と言う年齢には、デメリットも多く存在します。

50代以降の薬剤師に多い悩みは「体力の面でついて行けない」と言う点です。
これだけは、学習や訓練によって成果が上がる訳ではありません。
薬剤師の中でも「体力が勝負」とおっしゃる方も多くいらっしゃいます。
日頃から、体力を維持する事も薬剤師としての仕事の一つかもしれません。

また、転職先において当然、自分よりも若い薬剤師が上司である場合や、管理薬剤師である場合も多々あります。
そのような時に「いかに謙虚に仕事がこなせるか」と言う事が重要になってきます。

若い薬剤師からすれば、60代の年配の薬剤師は「仕事が出来ない」「面倒くさい」と言った声もあります。
その原因は「謙虚さが無い」所から来ています。
例え薬剤師経験が長いと言っても、転職先では「新人」なのです。
知識や技術はあっても、その職場の業務は初めてなので、細かいルールや、物の配置など、全てにおいて教えていただく事が必要なのです。

「謙虚さ」とは決して「下手に出る」と言う事ではありません。
「年齢を重ねた分の余裕」と考えられる薬剤師こそ、価値があるのです。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜