HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 地域包括ケアシステム > 居宅療養管理指導業務(介護保険)

居宅療養管理指導業務(介護保険)

地域包括ケアシステム

「介護保険制度」における「居宅療養管理指導」は「在宅介護」を要する患者様や
家族にとって、大きな役割を担っています。
薬剤師の「訪問薬剤指導」については、医療保険扱いの「在宅患者訪問薬剤管理指導」と、介護保険を利用できる「居宅療養管理指導」の二つに分けられます。

通院をする事が出来ない「要介護者」の場合に限り「介護保険」によって「居宅療養管理指導」のサービスを受けることが出来ます。
この「在宅サービス」は「病院・診療所の医師や歯科医師」または「薬局薬剤師」等の療養上の管理や指導が必要とされた時「医療保険における在宅サービス」とは違い「介護保険からその費用の9割が供出される」事になります。
つまり「介護保険利用者」は「1割負担」でこのサービスを利用できると言う事なのです。

これによって、今後は「在宅による介護」をするにあたっての、患者様と家族の負担を軽減することが可能となります。
「地域包括ケアシステム」の導入により、今後「在宅介護」は増える事が予想されます。
その際に、薬剤師の担う役割は、様々な面で必要不可欠となるのです。

医師の診察において、必要な薬剤を処方した際に「薬剤師による居宅療養管理指導が必要」と判断した場合、病院・診療所の薬剤師は「1カ月に2回まで」薬局の薬剤師は「1カ月に4回まで」を限度として算定される事となります。

薬剤師の業務としては、以前のように介護している第三者による「間接的な情報」だけで行う「薬学的管理指導」よりも、居宅を訪問する事で、患者様本人に、服薬による「副作用」や「その他の生活への影響」も直接確認する事が可能となります。

「地域包括ケアシステム」による「在宅介護」は、薬剤師による「居宅療養管理指導」によって、より高度なものとなり、更には「充実した医療」を受ける事が可能となるサービスの一つと考えられます。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜