HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 地域包括ケアシステム > 休日・夜間の供給体制

休日・夜間の供給体制

地域包括ケアシステム

休日・夜間の供給体制
今後「在宅介護」の現場において「医療機能の分化・連携」を前提とした「地域包括ケアシステム」を中心とした医療提供が予測されています。

一般的に「包括ケアシステム」と呼ばれている「在宅医療形態」」は、医療・介護・日常生活の面で、地域(人口1万人程度の中学校区が単位)の医療機関や医療従事者によってサポートしていくと言うシステムです。

「医師」の診察により処方された薬を「薬剤師」によって居宅へ配達するだけでは無く、服薬指導と説明、薬による副作用の有無や、日常生活での影響など、様々な面で薬剤師としての専門的な知識によって、より良いサポートをしていく事が重要となります。
また、あまり知られてはいませんが、在宅患者様の居宅における、生活環境の衛生面に関しても、アドバイスする事は大切な業務の一つでもあります。

この様に、生活全般において様々な場面で、必要とされる専門的知識を持ち合わせているのが、医療従事者の中では唯一、薬剤師だけであり、ある意味「地域包括ケアシステム」においては「必要不可欠な存在」となっているのです。
今後「薬局薬剤師」に期待される役割としてあげられる事は「いつ、どこでも、どのような場合においても、必要な医薬品を、必要な時に適切に供給する」と言う事です。
その為に必要な体制整備として「休日・夜間の供給体制」とされています。

在宅医療を受けている患者様の中には、緊急の際に薬を必要とされる場合もあります。
終末期医療の場合、急な発作や痛みに対応するためのお薬を処方される事もあり、そう言った緊急の場合に対応できる、薬局自体の環境整備が必要となります。

この様な「休日・夜間の供給体制」を整える為にも、医師や看護師、介護士等の多くの医療従事者との連携を大切にする事で、お互いの情報交換も可能となり、供給体制に必要な事でもあるのです。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜