HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 地域包括ケアシステム > 在宅患者への調剤応需

在宅患者への調剤応需

地域包括ケアシステム

薬剤師法の第21条には「調剤応需義務」が示されており「調剤に従事する薬剤師は、調剤の求めがあつた場合には、正当な理由がなければ、これを拒んではならない。」と定められています。

薬剤師(または調剤薬局)は、「処方箋」を薬局に持ち込まれた際に、これを受付で拒否してはいけない事になっています。
万一、処方されている薬の在庫が切れていたとしても、基本的に「応需義務」が定められているので、断る事は出来ません。
この様な場合にも、きちんと薬を処方しようとしている「誠意」を見せる事が必要です。
例えば、薬が届いた「後日」又は「他の薬局での処方」のどちらかを選択していただくなど「最善の方法」を考える努力が薬剤師の義務でもあります。

しかし、実際これは、薬局に持ち込まれた事を想定しているので「在宅患者」の際の対応にはどのような対処法が求められるのでしょうか。

在宅患者に対する「訪問薬剤管理指導」は、基本的に医師からの情報と、患者様やご家族からの情報を基に調剤業務を行うのですが、やはり実際に薬剤師本人が、在宅患者を訪問する事で多くの情報を得られるため、その時間も確保できなくてはなりません。
薬局の業務と並行して行う事は、時間的な余裕も無く、最初は、かなり難しいと思われますが、今後の「在宅医療」の定着の為にも、これらを優先して行う事も必要です。

「在宅患者への調剤応需」を始める際に「介護保険認定患者」の場合において、必要とする届け出は、原則ありません。
但し、実施後に「費用請求・受領」をする為には「介護給付費の請求及び受領に関する届」の提出が必要になります。
「医療保険該当患者の場合」に関しては、始まる際にも「在宅患者訪問薬剤管理指導に係わる届出書」の提出が必要となりますので、混同しないよう気を付けましょう。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜