HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > ブログ > チーム医療って? 薬剤師のお仕事の変化について

チーム医療って? 薬剤師のお仕事の変化について

ブログ
チームワーク

ライター:仮面巨人先輩

team皆さんは薬剤師の仕事と言うとどんなものを思い浮かべますか?
「薬を混ぜて調剤する」
「薬の説明をする」
といったイメージを持っている人は多いと思います。そして大体合っています。

しかし、最近では薬剤師の仕事内容に変化が起きつつあるようです。
その背景には「チーム医療」の浸透があります。
最近の医療の現場では医者や看護士が一つのチームになって治療に当たることが増えています。
当然、薬剤師のそのチームの中に組み込まれます。
チーム内での薬剤師の仕事は責任重大です。
医療において薬は大きな役割を持っていますし、何かミスがあれば重大な事態に発展することもあり得ます。

具体的にチーム内で何をするのか

kanri従来の仕事である「薬の調剤」「薬の説明」に加えて、このような仕事が求められます。

・医師のサポート
医師が知らないような専門的な薬剤の知識をもってアドバイスをしたり、処方の計画を提案します。
・薬の管理
飲み薬や塗り薬といった一般的な薬はもちろん、近年では注射の管理も薬剤師が行うこともあるようです。
特に大きな病院では薬局と比べ、管理する薬の種類も多いので複雑な処方をするために薬剤師の知識が必要不可欠になります。

従来の医療現場では薬剤師は
受け取った処方箋を元に薬を調剤し、お客様に受け渡し、薬の飲み方を説明する。
と言った仕事がメインでしたが
これからは「今回の患者は○歳で△△な症状があるので、このような処方をするべきだと思います。」といった感じで
専門的な知識に基づいた提案を能動的にチーム内で行っていく必要があるかもしれません。

薬剤師になるのは難しくなった?

より専門的な知識やコミュニケーション能力が求められるようになるので敷居が高くなったと感じられると思います。
しかし、逆に言えばそのような知識や行動力を持つことができれば
ワンランク上の薬剤師になれるのです。

薬剤師は飽和状態と言われていますが、
チーム医療で活躍できる「スーパー薬剤師」はまだまだ数が少ないのではないでしょうか。
そこまでできないよって方は地方の薬局などで勤務することをオススメします。
地方の薬局は薬剤師不足で需要が高いです。
待遇も良い所もあるので薬剤師の転職サイトなどで探してみると良いと思います。
より高みを目指す方は都会の大病院の仕事を探しましょう。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜