HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > ブログ > 職場で選ぶ薬剤師特集 意外な場所で働く薬剤師

職場で選ぶ薬剤師特集 意外な場所で働く薬剤師

ブログ
飛行機

薬剤師は実に様々な場所で働くことが可能な職業です。
今回はその中でも少々変わった職場を紹介していきます。

空港薬剤師

空港
空港で働いているなんて何か素敵な響きですよね。
空港で働きたい…そう考えたことがある人は多いのではないでしょうか。

実は薬剤師も空港で働けるんです!

空港内で経営している調剤薬局・ドラッグストアはもちろん、
高度な知識を持っている薬剤師なら
入国審査時に発見された薬物の調査で活躍することもあるようです。

普通の薬局勤務とは違うところは
利用する客層が一般的な薬局と比べて非常に広いということです。
空港には赤ちゃんからお年寄りまで、老若男女、様々な旅行客が多く集まります。
さらには外国人も多いので外国語のスキルが必須であることは言うまでもありません。

一般的なドラッグストアに比べたら少々敷居が高いかもしれません。
しかしその分給与面は優遇されていることも多いです!

公務員の薬剤師

国会画像

将来は公務員のような安定した国の仕事をしたい…
でも薬剤師の道も捨てがたい…
そう考えているあなたに朗報です!

国の機関でも薬剤師の能力を発揮できる場所はあります!
厚生労働省や県庁、国立病院など様々な機関で活躍できます。

一般的には厚生労働省では調剤の仕事は無く、
製薬会社との薬のやりとりや
薬の安全性の確認などをします。
国の立場から国民の健康を守るため、
安全な薬を私たちに届くようにしてくれています。

県庁での仕事は主に薬学の知識をもって
管理下にある施設の衛生管理や指導を行っています。

国立病院機構での主な仕事は研究です。
例えば、がん治療の研究などを各地の国立病院と共同で行っています。
知識を深めたい、キャリアアップをしたいという方にもオススメです。

いかがでしたでしょうか?
他にも特殊な職場で薬剤師の募集をかけているところは数多くあります。
それほど薬や化学の知識は色々なところで応用のきくものであるということです。
また、いずれの職場もキャリアアップにはもってこいです!

ここで挙げたような少し特殊な場所での求人は競争率が高く
すぐに埋まってしまい、気づいた時には募集が終了していた…
なんてことはザラにあります。

そんなことにならないためには転職・求人サイト
こまめにチェックしていくしかありません。
好きな職場で働くためにも転職支援サイトの登録をオススメします!

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜