HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > ブログ > 薬剤師の転職先【製薬会社】総合して働きやすい職場

薬剤師の転職先【製薬会社】総合して働きやすい職場

ブログ
薬

ライター:ジェンティルドンナ

研究者

「製薬会社」と聞くと、「薬剤師」=「研究職」と思いがちですが、実際は、「研究職」は、製薬会社の中でも、ごく一握りの人数です。
では、製薬会社で、求人を出している職種はどんなものがあるのでしょう。

「MR(医薬情報担当者)」

製薬会社が現在一番必要としているのは、「MR」と言う職種だとされています。
これはは「医薬情報担当者」の意味で、内容としては、製薬会社が製造販売する医薬品などの製品に関する「品質・有効性・安全性」等、大切な情報を病院の医師や薬剤師に説明する事が主な業務内容となります。
1993年からこの「MR」(医薬情報担当者)と言う名称で呼ばれるようになり、それ以前は、「プロパー」と言う名で、営業職の役割も果たしていました。
名称の変更と同時に、業務内容は大きく変わり、営業の仕事は基本的に、製薬卸のMS(医薬品卸の営業)が受け持つことで、「MR」(医薬情報担当者)はその名の通り、薬物治療のアドバイザーとして、薬のプロとして扱われるようになりました。
ただ、この仕事は、「薬剤師」と言う国家資格を持っている事で、優遇されるわけではありません。
この仕事に求められるのは、「熱意・努力・根気強さ」を持ち合わせた人材です。

「薬事業務」

薬

その他、製薬会社で求められている職種は、「薬事業務」と言って、色々な薬に関する事務に携わる仕事があります。
例えば、新薬の添付文書の作成・関係当局との折衝などの承認申請などの事務的な内容から、「医薬品開発」の際のプラン作成なども主な仕事内容として入ってきます。

「市販後調査」

また、求人としては少ないですが「市販後調査」と言って、新薬が実際に医療の現場で使用された後の調査をする仕事や、学術担当などの部署もあります。
休日や、福利厚生の面から考えても、「製薬会社」は、働きやすい職場であることは間違いありません。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜