HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > ブログ > 地域の健康を考え手助けする、プライマリケア認定薬剤師に認定されるには?

地域の健康を考え手助けする、プライマリケア認定薬剤師に認定されるには?

ブログ
田舎の子供たち

ライター:RAY

「プライマリ・ケア」と言う言葉は、日本ではあまり聞きなれない言葉です。

諸外国では一般的、プライマリ・ケアとは?

アメリカを始めとする諸外国では、既に医療の現場において浸透している言葉の一つです。

プライマリ・ケア

本来「プライマリ・ケア」とは、地域の中で人々の健康や疾病に関する様々な問題に対し「全ての人間において継続的に解決しよう」と言う、各地域において実践する活動のことを指す言葉です。

現代社会の様々な形態の生活において、それぞれの「健康上の不安や医薬品の適正な利用に関する知識」を必要とされています。

そんな中で、「相談相手」となるべくプライマリ・ケア薬剤師を育成する事が課題とされています。

プライマリケア認定薬剤師の発端

「プライマリ・ケア認定薬剤師制度」とは、2011年2月21日付新規、2014年3月14日付更新の認証を受け、薬剤師の認定制度についての第三者評価機関である「公益社団法人 薬剤師認定制度認証機構」より医療系学会としては初めての「特定領域認定制度」となりました。

「日本プライマリ・ケア連合学会」の認定する「プライマリ・ケア認定薬剤師制度」は、一般の「薬剤師研修認定制度」と比較すると、より領域性・専門性が高くなっています。
認定制度の中でも「上位に位置する認定薬剤師制度」なのです。

この制度の目的は、薬剤師の資質向上と日本においての「プライマリ・ケア」の発展に寄与し、地域を基盤として継続的に展開された上で、その知識や技能・態度を修得することを目指す事となっています。

「プライマリ・ケア認定薬剤師」に認定される為にはまず、「プライマリ・ケア領域の研修の受講・所定の単位の修得」をした後「試験」により学会から「適当である」と認められる事が条件です。

その後「登録料の振込み」をする事で認定証が発行されます。

合格

更新の条件は、2015年度(H27年度)の更新予定の方に対して、「4領域から6症例という形での症例報告が必要」となります。
今後は改定される予定なので、その都度確認をしておきましょう。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜