HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > ブログ > 薬剤師の資格。公認スポーツファーマシストとは?

薬剤師の資格。公認スポーツファーマシストとは?

ブログ
薬剤師の資格。公認スポーツファーマシストとは?

ライター:姉様

今日は薬剤師の資格で、比較的新しい資格の「スポーツファーマシスト」について触れていきたいと思います。

この公認スポーツファーマシストとは、

最新のドーピング防止規則の正確な知識や情報を持ち
スポーツ選手など競技者やそのコーチや
スポーツ愛好家などに薬の正しい使い方の指導や健康教育などを行い啓発活動や
スポーツにおけるドーピング防止を主に活動しています。

a62759d38da90102b58a8234843f8de9_s

試験の難易度

試験の難易度はそれほど高くありません。
大切なのは最新情報を常に意識して確認する事と知識を維持することです。
年齢なども問われませんのでいくつになっても取得できます。

日本には不注意で禁止物質を摂取してしまう、「うっかりドーピング」が多いと言われています。違反とされる薬物や成分は薬に含まれている事が多いですが、サプリメントやドリンク剤などに含まれている場合もあります。

そんな時、薬の専門家の薬剤師が頼りにされています。
プロのスポーツ選手が「うっかりドーピング」で、自分が努力してきた事が水の泡になるのは一番残念な事ですよね。

スポーツファーマアシスト資格は、国際競技などでのドーピング問題が取り上げられ
アンチ・ドーピングが世界的に叫ばれるようになったことで2009年に出来た資格なので
今後、スポーツファーマアシストの活躍の場は増えていくのではないかと思います。

スポーツファーマアシストの需要

スポーツファーマアシストの需要はまだまだ少ないです。
なぜなら、スポーツファーマアシストの認知度は低く、具体的にどんな場面で活躍できるのか多くの方が判断しきれていない事が挙げられます。

なので、スポーツファーマアシストとして自らプロの競技者やスポーツ愛好家や子どもたちに禁止薬物や禁止物質について広く知って貰うことが大切です。

オリンピックの活動

187

何よりスポーツファーマシストの需要が望めるのは、オリンピック等の国際競技大会によるドーピング問題の解決や予防を行う所にあると言えます。

日本のオリンピックでの薬剤師の活躍できる場は多く、競技者の禁止医薬品についての啓発活動を行っていくことも薬剤師の役目です。

今後スポーツファーマシストの課題も多いですが、需要と必要性は大きく、需要も伸びるのでスポーツファーマアシストの資格を取得するよう動きだす事をぜひオススメします。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜