HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > ブログ > 新しい薬剤師の形、高齢化社会に適応した《在宅薬剤師》

新しい薬剤師の形、高齢化社会に適応した《在宅薬剤師》

ブログ
写真:在宅医療

ライター:RAY

高齢化社会のなか、
医療関係の方なら在宅医療という言葉は耳慣れているかもしれません。

しかし、一般的にはまだまだ聞き慣れない言葉です。

今回は、今後ますます需要が高まることが予想されるこの分野を
一般的な目線から少しまじめに掘り下げてみてみようと思います。

在宅医療ってこういうもの

広い意味では病院以外で行う医療行為全般を指すそうです。
言ってしまえば、病院で処方された薬を自宅で服用するのも在宅医療になるということです。

一般的には、主に病院に通うのが困難な患者さんの
自宅(または施設)に医師や専門家が訪問して行う医療行為
を指すことが多いです。

また、入院するよりも居心地の良い自宅でのんびりと療養したいという
高齢者の声に沿ったサービスとしても注目を集めています。

訪問に来てくれるのは

  • 医師
  • 看護師
  • 薬剤師
  • 栄養士
  • 歯科医師

までさまざま。
希望に応じて対応してくれます。

写真:在宅医療

自宅にいながら24時間365日、
自分にとって必要な治療を的確に受けることができる
というわけです。

在宅医療における薬剤師の役目とは?

高齢者施設のケアスタッフの方や、自宅で家族の介護をされている方にとって
要介護者のお薬の管理というのは思うよりも大変です。

在宅薬剤師は、かかりつけの医師と連動して
お薬に関する相談や管理のアドバイスなどを行う役割を担っています。

写真:薬

その仕事は単に調剤して渡すだけではありません。

どうすれば無理なく必要なお薬を必要な分だけ飲み続けることができるかを
一緒に考えてくれます。

訪問後も医師やケアマネージャーに報告・情報交換をしながら
患者さんのお薬に関する不安を取り除くべく尽力してくれます。

在宅薬剤師はこれからの職業

在宅薬剤師という働き方は
薬剤師の他の業種に比べるとまだまだ新しい分野です。

在宅医療については、薬剤師が十分に活躍できておらず
看護師などが薬剤管理の仕事も担っている場合も多いということです。

しかし、ますます深刻化する高齢化社会のなかで、
在宅医療の注目とともに在宅業務を行う薬剤師の求人も増えつつあるようです。

在宅薬剤師という働き方も今後広く浸透していくことでしょう。

写真:医師

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜