HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > ブログ > 薬剤師の仕事!職種によって仕事内容はどのように違う?

薬剤師の仕事!職種によって仕事内容はどのように違う?

ブログ
薬剤師の仕事内容

ライター:姉様

職種によっての仕事内容について

薬剤師と言えば、調剤薬局や病院の薬局薬剤師をイメージする事が多いと思いますが薬剤師の仕事にはいくつか種類があり職種によって仕事内容は大きく違いがあります。

今回はそれぞれの職種の主な仕事内容を紹介していきたいと思います。

薬剤師の職種

373c6934daa262a5e9d282a799fb086c_s

主な職種は以下の4つになると思います。

  • 調剤薬局
  • ドラックストア
  • 病院
  • 製薬企業

では主な仕事内容を簡単に説明していきます。

調剤薬局

o_53f684dce184a

主な仕事内容

  • 処方箋に従った調剤
  • 服薬指導
  • 薬歴管理
  • 疑義照会

処方箋を持って来られた患者さんに医師から指定された薬を用意し手渡します。
その際患者さんに薬の用法・用量(効果、副作用、時間等)を正しくわかりやすく指導することがなにより大切です。処方箋やお薬手帳を確認し疑わしい処方がされていないかなど疑義照会を行うこともあります。

転職については基本的な業務内容は一緒なので転職しやすいです。
調剤薬局内では一日中同じ職場の方と一緒なので人間関係が重要視されますね。

平均年収は、約400~650万円。

ドラックストア

a0002_000145_m

主な仕事内容

  • 処方が不必要な市販薬の販売
  • 薬の説明等の接客

お客様の薬に関する疑問や、体質・症状を考慮した適切な商品の提供。
普段からそれぞれの薬の効能効果や用法等を把握し、お客様の相談に適切な対応が出来るようにすることが大切になります。

パートの募集も多く女性が働きやすい職場環境です。また店舗も多いため希望のエリアで働ける事が多いでしょう。若いうちに店長など責任のある仕事を任される事も多いです。

平均年収は、約400~700万円以上。ドラックストアのチェーン店などで差があります。

病院

img_10

主な仕事内容

  • 調剤、服薬指導、疑義照会
  • 薬剤の管理
  • TDM(薬物治療モニタリング)

病院薬剤師の基本的な仕事は、調剤薬局と同じです。
ですが入院患者のベットサイドの服薬指導が多いので患者さんとの距離は病院薬剤師の方が近いでしょう。

またTDM(薬物治療モニタリング)の薬物治療に関わることもあります。医療の現場で働き、最新の知識が身につけられるのでやりがいを感じることも多いと思います。

平均年収は、約400~650万円くらいになります。

製薬企業

011-1024x682

よく見る求人について

  • MR(情報提供・営業職)
  • CRC(治験コーディネーター)
  • CRA(臨床開発モニター)

などがあると思います。

新薬開発の仕事です。薬を開発するには多くのお金と時間がかかりますので、この職種には新薬開発の知識豊富な方(スペシャリスト)が求められます。

基本的に成果主義なので自分の力を試したい、数字で評価されることにやりがいを感じる方におすすめです。

平均年収は、約400~800万円以上となります。

最後に

簡単に薬剤師の職種ごとのおおまかな仕事内容について紹介してきましたが参考になりましたか?
これから転職を考えている方のお力になれればなと思います。

薬剤師の活躍の場は意外と多いですね!皆様のご活躍を期待してますね!

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜