HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > ブログ > やっぱり憧れる!病院で働く薬剤師の主な業務とやりがい

やっぱり憧れる!病院で働く薬剤師の主な業務とやりがい

ブログ
医者と薬剤師

ライター:RAY

薬剤師さんによっては「病院薬剤師」に対して大きな魅力を感じる方が多くいらっしゃいます。

病院

今回はそんな病院薬剤師の仕事内容と魅力について語っていきたいと思います。

病院薬剤師の主な業務とは

主な仕事内容は、「調剤薬局」とほぼ変わりません。

基本的には、調剤と服薬指導が主な仕事とされています。
しかし「調剤薬局」と大きく違う点がいくつかあります。

大規模病院や大学病院等、大きな組織の場合は
「薬剤部」として「医薬に関する専門の分野」として組織化されている事が多くあります。

患者さんへ処方する薬の調剤だけでは無く、「医薬学研究」の役割を担っている場合もあるのです。

必要に応じては、病院独自で開発された製剤を調剤する場合もあります。
その為、膨大な薬に対する知識経験が必要とされるのです。

調剤

処方せんの内容によっては「投与量・経路・速度・期間」などを細かくチェックした上で
「注射薬」の調剤を行う事もあります。

混合を含めこういった作業は、とても「繊細」且つ「精密さ」が必要です。
そのため、無菌室での調剤が行われています。

中には混合すると濁る場合や、効果が落ちる場合もあります。

これらを事前にチェックする事も重要な仕事です。

また、総合病院の場合、複数の診療科を受診している患者さんもいらっしゃいます。

これらの患者さんに対して、それぞれの処方が適切である場合でも、
同時に服用する事で悪影響を及ぼす可能性も出てきます。

これらを未然に防ぐ意味でも、
患者さんの薬物療法の情報を「集約・管理」するという大切な仕事を任されています

医療の現場を支えている病院薬剤師

こうした背景の中、薬剤師は「薬のスペシャリスト」として認識されています。

医師や看護師とともに、チームとして患者さんと関わることも多いです。

更には医師や看護師などに最も適した薬の知識や最新情報を提供する事で、
医療の現場そのものを支えているのです。

医者と薬剤師

これらのことから病院薬剤師に
「薬剤師」としての「やりがい」を見出した薬剤師の方が多くいらっしゃるのも頷けます。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜