HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > ブログ > 専門薬剤師とは?専門薬剤師のメリットについて

専門薬剤師とは?専門薬剤師のメリットについて

ブログ
専門薬剤師とは?専門薬剤師のメリットについて

ライター:姉様

薬剤師の中でも様々な職種がある中で「専門薬剤師」というものがあることをご存知ですか?
2008年から専門薬剤師制度がスタートし特定の分野のエキスパートがたくさん登場しています。今日はこの専門薬剤師について紹介したいと思います。

専門薬剤師

医師の負担を減らす、医療面でのエキスパートが必要とのことから専門薬剤師という制度ができました。今後、薬剤師は処方せんに従い間違いなく調剤することにくわえて専門分野で活躍できる薬剤師のエキスパートが必要です。

医療の最先端で医師と対等に会話をし、先端医療に携わる薬剤師が求められているということは薬剤師にとってとても喜ばしいことです。ワンランク上の業務にも努力次第でつけると思うとモチベーションアップにも繋がりますね。

そんな専門薬剤師の種類について紹介したいと思います。

専門薬剤師の種類

感染性御専門薬剤師
医療現場の感染症の予防・治療の薬剤全般の専門家

精神科専門薬剤師
精神疾患治療の薬物治療の専門家

がん専門薬剤師
がん治療の抗癌剤などの薬剤全般の専門家

妊婦・授乳婦専門薬剤師
妊娠中・授乳期間中の患者に対する薬物治療全般の専門家

HIV感染症専門薬剤師
HIV感染症患者の薬物治療全般の専門家

これらは日本病院薬剤師会の認定を受けているものです。
次に専門薬剤師になるまでの道のりについて紹介したいと思います。

専門薬剤師になるまで

ELL88_takaozannosandou20140723001500-thumb-1204x800-5328

がん専門薬剤師を例にして見ていきます。

薬剤師として5年以上の実務経験をつみ薬剤師会及び学会の会員になります。
がん治療の実技研修の実習と講習を受け、50症例以上のがん患者さんに薬剤管理指導を行い、認定薬剤師試験に合格しなければいけません。

認定薬剤師とは専門薬剤師とは違う資格なのですが専門薬剤師になるためには必ず取得しなければいけない資格です。
さらにがんに関して学会で研究発表・学術論文の作成し、最後に日本病院薬剤師会が実施する認定試験に合格しやっとがん専門薬剤師になれるんです。

がん専門薬剤師になるにはとてつもなく長い道のりですね。
そんながん専門薬剤師を取得するメリットについて紹介したいと思います。

がん専門薬剤師のメリット

制度開始から5年ほどで認定者が1000人を超えた人気の高い資格です。
実務経験やスキルなどの条件や認定期間が5年と限られていたりと、とても難易度が高い点からがん専門薬剤師の資格を持っていると業界で高い評価を貰えることは間違いないです。

経験を積んで努力を怠らずスキルアップしていければ、がん医療チームの一員として活躍できるでしょう。

がん専門薬剤師の資格を活かせる主な場所は、病院での外来患者の服薬指導、病棟での抗がん治療前の患者さんに対する薬の説明や抗癌剤の調整を行ったりします。また製薬会社での新薬の開発といった作業や治療法の研究での活躍の場があります。

iryou_karute_carte

年収の面を言うと、製薬会社勤務の専門薬剤師は約700~800万円程度、責任者等のポストであれば1000万円以上と言われています。
しかし病院等で勤務する専門薬剤師は一般の薬剤師と殆ど変わらない事が多いです。

専門薬剤師になったからといって必ず年収が上がると言えないのはデメリットかもしれませんね。

専門薬剤師は専門的で責任も大きい仕事であるだけに、肉体的な負担と精神的な負担が普通の薬剤師と比べると大きくなります。しかし、そんな責任のある仕事を通して得られる達成感や充実感は特別なのではないでしょうか。

専門薬剤師はとてもやりがいのある仕事です。
専門薬剤師を目指している薬剤師さん、ぜひ頑張って下さい!
陰ながら応援していますね!

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜