HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > ブログ > 救急認定薬剤師は医師や看護師とともにチーム医療として活躍出来る!

救急認定薬剤師は医師や看護師とともにチーム医療として活躍出来る!

ブログ
チーム医療

「救急認定薬剤師」とは「日本臨床救急医学会」で平成23年度から「日本病院薬剤師会」の協力を得て実施している認定制度です。

救急医療の現場において、「認定薬剤師」の中でも特に、薬物療法に関する「高度な知識・技術・倫理観」を備えた上で、迅速且つ最適な医療を提供できる「救急認定薬剤師」を養成し、多くの人の健康に貢献出来る事を目的として作られた制度の一つです。

この「救急認定薬剤師」は、高度な薬物療法に関する知識や技能を習得する事で「救命救急センター」や「ICU」と言った、高度な技術を要請される救急治療の現場の中でも、医師や看護師とともにチーム医療に参加できる「薬剤師」になる事が出来る制度です。

iryou_jujisya

現在、救急医療の現場では医師を始め、救急医療に従事できる人員が非常に不足しています。

この深刻な問題を打破するためにも、薬剤師を始めとする「多職種」の医療従事者が参画する「チーム医療」の実践が求められています。

この制度のおかげで現在「ICU・CCU病棟」「救命救急センター」等で「チーム医療」に参加出来る薬剤師の数も増えてきました。

icu_syuchuchiryoushitsu

人材不足の救急医療の現場で、医療チームの中の救急認定薬剤師の果たす役割は、大変重要なポジションになっています。 また、救命救急センターの数は年々増加しており、需要はますます増えると予想されています。

この認定制度を取得する為には、「薬剤師の実務経験が5年以上、かつ救急治療における薬物療法に2年以上従事している」と言う事が原則となっています。

更に「日本臨床救急医学会」の「正会員歴が2年以上・救急治療に関する薬物療法の症例報告が25症例以上」と言う厳しい条件の基、認定される制度なのです。

認定資格は5年ごとに更新する事になっていますので、更新するまでには「救急認定薬剤師認定委員会」の指定する「学術集会・研究発表」などに参加し、定められた所定の単位を取得する必要があります。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜