HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > ブログ > 薬剤師の転職先【化粧品メーカーの研究・開発】向いている人材とは?

薬剤師の転職先【化粧品メーカーの研究・開発】向いている人材とは?

ブログ
メイク道具

ライター:ジェンティルドンナ

メイクをする女性

多くの女性薬剤師が「憧れる職場」「やりがいのある職場」として、「化粧品メーカーの研究・開発」があります。

薬剤師の資格は評価されにくい?

日常品とも言える「化粧品」は、元々「薬剤師でなければいけない」と言う限定はありません。
逆に、化粧品メーカーの開発には、理学部や、工学部、食品成分学を勉強した方々が多く携わっています。
ですから、「肌に直接触れる化粧品開発だから薬剤師は必要」と思われがちですが、化粧品そのものは、医薬品ではないので、「薬事法に精通している」という薬剤師の国家資格も、残念ながら、それだけでは採用に役に立つとも言い切れないのが現状です。

「研究職」と言う枠で比較した場合では、「薬剤師の就職先」で、「医薬品企業」と「化粧品メーカー」では、「化粧品メーカー」の方が、多少可能性は高いと言えるでしょう。
しかし化粧品メーカーの「研究・開発職」に就くことが「簡単です」とも言い切れないのが本当のところです。

スピードとアイディアが重視される

メイク道具

化粧品は、医薬品に比べて、研究費にかけられる金額は非常に低くなっています。
その為、研究コストの安価な「化粧品の開発や研究」に必要とされている人材は、スピードとアイディアが重視されるのです。
医薬品と違い、時代・季節などに大きく左右される商品なので、それに合わせられる「頭の回転と、機転の利く人間」が必要とされるのです。

責任を持って「品質管理」が出来る人

「品質管理」も「化粧品メーカー」にとっては必要不可欠です。
基礎化粧品等は、ほぼ毎日使用する物なので、問題が起こった場合は、会社そのものが大きなダメージを受けることになるからです。
一歩間違えば、会社そのものの存続にも関わる重要性がそこには秘められていると言う事です。
「化粧品」は「医薬品」と違って、多くの臨床試験を繰り返して行う事はあまりありません。
ですから、責任を持って「品質管理」が出来る人間が望ましいとも言われています。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜