HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > ブログ > ドラッグストア・調剤薬局の現場を取り仕切る「管理薬剤師」仕事内容と責任

ドラッグストア・調剤薬局の現場を取り仕切る「管理薬剤師」仕事内容と責任

ブログ
管理薬剤師

ライター:RAY

「管理薬剤師」ってどんな仕事?

薬剤師の中には「管理薬剤師」として働いている人が多くいます。

管理薬剤師

しかし、その名前を初めて聞いた人は、それがどんな仕事かわかりませんよね。 そこで、管理薬剤師の業務内容について簡単にまとめてみました。

■管理薬剤師とは

管理薬剤師とは、薬事法に基づいて薬局や店舗に設置することが義務付けられている、薬剤師の責任者のことを言います。
薬剤師から任命され、店舗の管理・監督を行い、兼任は禁止されています。店舗の経営者や工場長を監督する立場にあり、彼らよりも重い責任が求められます。

■管理業務

管理薬剤師には、主に「従業員の監督」「医薬品等の管理」が義務付けられています。

薬

従業員の監督は、管理薬剤師以外の通常の薬剤師や、薬剤師以外の従業員が適切に業務を行っているか(接客や法令の遵守、情報提供の適否など業務全般)の監督と、従業員が対応できない専門知識が必要な業務への対応などが挙げられます。

医薬品等の管理は、店舗内の医薬品やその他の物品を区別して陳列・貯蔵し、医薬品が不良品とならないように適正に保管し、不良品が出たら処分し、設備の不良があれば開設者に意見を述べるなど、店舗内の医薬品や設備、その他の物品を適正に管理することです。

■情報提供業務

情報提供業務は、医薬品の適正な使用のため、購入者が求めている医薬品かどうかの判断、適正使用のための服薬指導、副作用の苦情や相談の受け付けなど購入者へのアフターケア、医療機関の受診を打診など、使用者に対して適切な情報提供を行うことです。

この業務は、管理薬剤師が自ら行う必要はなく、所属している他の薬剤師に行わせることも認められています。

■副作用情報の収集及び報告

管理薬剤師は、常に副作用の情報を入手・活用・提供できる体制を確立し、緊急安全情報等の医薬品の有効性や安全性の情報を収集し、厚生労働省に対して副作用の情報を報告することが義務付けられています。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜