HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > ブログ > 地方の調剤薬局は給与が高い!?薬剤師が転職する前に知っておきたいポイント

地方の調剤薬局は給与が高い!?薬剤師が転職する前に知っておきたいポイント

ブログ
調剤薬局の仕事。調剤薬局で働くときに気をつける事とは?

専門知識を発揮できキャリアアップにもつながる調剤薬局は、薬剤師が転職する際にとても人気のある職種です。
調剤薬局へ転職する前に、仕事内容や都会と地方の違いをしっかり把握しておきましょう。

調剤薬局には2種類ある

調剤薬局には大手薬局チェーンから個人開業の薬局までいろいろなタイプがあります。
総合病院の前にある調剤薬局と、個人系の病院やクリニックの前にある調剤薬局とでは、薬剤師に求められることが違うんですよ。

総合病院前の調剤薬局は数多くの診療科があり、さまざまな薬を扱うので幅広い知識が必要になります。
個人経営の病院やクリニックの前にある調剤薬局は特定の診療科目に関する処方が多く、専門性が増す傾向にあります。

それでは、調剤薬局での薬剤師はどのような仕事をするのでしょうか。

調剤薬局薬剤師の仕事内容

処方箋の受付

調剤薬局の薬剤師がまずやる仕事は、医師から出されている処方箋の受付。その後、処方箋に問題がないかどうかをチェックし、何らかの疑問点がある場合は医師に対して処方内容を確認する必要があります。

もし不備や疑わしい点がある時などは、処方箋を書いた医師に直接、疑義照会をして確認する事も重要な仕事です。他にも患者さんの持っているお薬手帳を見て、現在服薬中の薬の中に重複投薬や相互作用の恐れがないかどうかを確かめます。 また、保険番号や有効期限も確認の上、初めて調剤業務が始まります。

調剤

次は調剤業務です。その中でも、計数調剤と軽量調剤の2種類がありますね。計数調剤とは錠剤やカプセルなどを数えながら取り揃えていくのに対し、計量調剤とは粉薬などを容量を計りながら一つ一つ包んでいきます。処方箋に基づいて、できる限り正確に調剤していくことが求められます。

服薬指導

そして調剤が済んだら服薬指導といって、適切な使用方法を患者さんに伝えます。患者さんの気持ちを理解しながら適切なアドバイスをすることが求められますよ。
その際、患者さんが安心して服薬できるようにするためにもコミュニケーションを大切にし、患者さんがわからないことを質問できるように余裕を持って接することも大事です。

患者さんによっては、薬の飲み方・使い方を間違っている場合や身体に合わない場合もあります。 そのため、症状が改善されない場合や逆に悪くなる事も想定されます。 常に患者さんとの信頼関係を大切にすることで、現在の患者さんの体調までもしっかりケアすることが出来るのです。一人一人が調剤薬局の顔という認識で仕事をすることで、自然と責任感や患者さんに対しての接し方や考え方も変わってきますね。

薬歴管理

最後に、薬歴管理です。患者さんに薬を渡したら薬剤服用管理記録を記入します。服薬による重大な事故を防ぐためにも薬歴管理をしっかり行います。

調剤薬局薬剤師のおおまかな仕事内容についてお話しましたが、やはり気になるのは収入でしょう。
そこでここからは、調剤薬局で働く薬剤師の収入についてお話していきます。

最近の薬剤師の収入

実際のところは就職先によってピンキリで、月収20万に達しないところもあれば40~50万ぐらい貰えちゃうところもあります。

ではどんなところで働けば月給40~50万も貰えるのかというと、それは地方の調剤薬局です。
地方といっても、博多や名古屋などの東京以外の都市ではありません。熊本や静岡あたりも地方といわれますが、残念ながらその地域も違います。
ではどんな地域がねらい目かというと、コンビニが全然見つからないような田舎こそが稼げる地方のようです。

それでは、都会と地方の調剤薬局ではどのような違いがあるのでしょうか。

都会の薬局と地方の薬局で違うこと

調剤薬局の業務内容は都市部も地方もほぼ変わりはなく、主な業務内容は調剤業務・服薬指導・薬歴管理の3点から成り立っています。

特に、都市部(東京や神奈川など)では大きな総合病院が多いため、患者さんの数も多く業務におされて患者さん一人一人に対応する時間が制限されている部分は否めません。
しかし、そうであっても親切・丁寧な服薬指導を基本としている大手薬局チェーンはたくさんあるので、出来る範囲内で業務をこなしている薬剤師さんも少なくありません。

問題は、多忙な割に給与はそれ程多くないということです。これには都市部での薬剤師飽和状態が要因の一つとなっています。特に薬学部が多く存在する都市部においては、そのまま新卒で就職する新人薬剤師も多く飽和状況になりつつあります。
要するに、都心部には薬剤師が多すぎるということですね。

一方では、地方における薬剤師不足も深刻な状況になっています。
地方では薬剤師の他にも医師や看護師、介護士などの医療従事者及び、医療施設などの不足と、若い人の地方離れが原因による地方の高齢化や独居老人、老介護などの問題にも直面しています。

そういった中で在宅医療は欠かせない存在であり、医師や看護師・介護士そして薬剤師の存在が医療現場の大きな原動力ともなっています。
そのため医療従事者の給与は高く設定してあり、特に薬剤師に関しては都心部に比べると地方の方が高くなるというわけです。

ただ、それだけ施設も交通網も充実していない地方での業務なので、普通自動車の免許やコミュニケーション能力が必要だということが特徴ですね。

そんな地方の調剤薬局の薬剤師ですが、特に地方の調剤薬局に求められている役割があります。

地方薬局の役割

まずはプライマリ・ケアというものです。「未病を予防する」という意味で、日ごろから体調管理をしていくセルフメディケーションという言葉が広がりつつあります。
様々な生活習慣病の発症を抑えるためにも、地域の薬局で健康相談をする人が増えてきています。

一方で、既に発症している慢性疾患に対しての生活指導や療養環境のアドバイスの必要性も考えられています。
少子高齢化が進むなかで、今後は「継続的な薬の服用による体調の維持管理」も増えてくるでしょう。
手術などの緊急を要さない状態であれば中枢の総合病院ではなく、地域のかかりつけ医に受診してもらい、継続的に薬を服用するために地域のかかりつけ薬局で薬を処方してもらうという医療の形が徐々に定着してきています。

さらに在宅医療を受ける際にも、地域のかかりつけ医と薬局が連携することで、きめ細やかな医療を提供することが可能となります。
在宅医療においては服薬指導や薬の説明、管理にとどまらず長い期間を在宅で介護するため、衛生管理や環境整備のアドバイスも必要とされてきます。

また、現在薬局でOTC医薬品を購入する際にも、要指導医薬品・第一類医薬品においては薬剤師の販売が義務付けられています。
そのため購入するOTC医薬品が指定されている場合でも、ある程度患者さんの症状を確認し、その症状に合ったOTC医薬品をおすすめすること、または医療機関の受診をすすめることも必要となります。
少しでも早く専門医への受診させることは病気の完治を早めるだけではなく、受診に伴う患者さんの医療費の負担を軽減することにも繋がるのです。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜