HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 今後の薬剤師の活動分野 > 在宅・介護支援

在宅・介護支援

今後の薬剤師の活動分野

現在広がりを見せている「在宅・介護支援」ですが、今後迎えて行く「超高齢化社会」には、なくてはならない存在となります。

既に、在宅での介護を余儀なくされている患者様もいらっしゃいます。
そのような場合、介護される本人、また介護をする家族にとっても「在宅でありながら介護支援を受けられる」と言う事は、精神的にも肉体的にもとても軽減されるはずです。
例えば、お薬が必要な場合は「薬の飲み方」「飲み忘れ」の他、様々な不安要素も出てきます。
もし「在宅でありながらかかりつけ薬局の在宅・介護支援が受けられる」としたら、患者様・介護される方の双方にとっても、これほど心強い事は無いはずです。

現在、多くの「調剤薬局」「ドラッグストア」等において「在宅・介護支援」を何らかの形で行っています。
その多くは「ケアマネージャー」「医師」「看護師」「介護士」「薬剤師」がチームとして連携を取る事で、在宅にして、常に高度な医療を受ける事を可能としています。

中でもよくあるケースとして、「複数の病院」を受診する事で「薬の重複」や「必要のない薬」を服用している事が有ります。
その為、服薬しなければならない薬が増え「飲み忘れ」「飲み間違い」と言った事が起こり、最悪の場合、服薬事故に繋がる恐れが出てきます。
患者様個々に合ったケアが必要となりますので、「医師と相談の上、減薬する」「薬の形状を変える」等、工夫する事が大切です。
その為の「医師」「ケアマネージャー」らとの連携が必要となるのです。

「日本在宅薬学会」において認定された新しい制度で「在宅療養支援認定薬剤師制度」と呼ばれるものが有ります。
日本初の「第三者認証を受けた生涯研修プログラム」であり「公益社団法人薬剤師認定制度認証機構」よりプロバイダー認証された認定資格です。
今後の在宅医療の分野でとても役立つ制度ですので、是非一度調べておくと良いでしょう。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜