HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 今後の薬剤師の活動分野 > 医療用医薬品・OTC医薬品・サプリメントなどの相互作用、副作用、活用法の提供

医療用医薬品・OTC医薬品・サプリメントなどの相互作用、副作用、活用法の提供

今後の薬剤師の活動分野

薬剤師としての業務は、薬局内で患者様を待ち、医師から出された「処方箋の指示に従って調剤をする」処方薬の「説明・服薬指導をする」だけではありません。
今後の薬剤師は「地域医療」を担うものとして、患者様だけでは無く、地域生活者の健康維持・支援活動も重要な業務なります。

「健康の維持・増進の為に必要な啓発と支援」「セルフメディケーション支援」「医薬品の適正使用と指導」「医療機関との連携」等、様々な知識が必要とされてきます。
これらは「プライマリ・ケア」と呼ばれ、人々の健康を守るサポートとして重要視されているのです。

「患者様やその家族」また「地域生活者」の抱える問題と向き合い対処する事は、今後の「地域の保健医療福祉機能」には必要不可欠です。
また、これらを支える為に必要とされる薬剤師業務の中には「医療用医薬品・OTC医薬品」「サプリメントなどの相互作用や副作用及び活用法」等の「情報提供」も含まれます。

「薬局」は、他の医療機関に比べて「気軽に利用できる場所」である事から、患者様や地域生活者が「自身の健康を守る」為に必要な情報を提供することが可能な、唯一の専門機関です。

その中で「サプリメント」は「健康維持・管理」の為にも、個人の健康状況を把握する事で、必要性や有効性に合わせた情報提供が必要とされます。

また、すぐに利用できるOTC医薬品については「必要性、有効性・安全性」を評価した上で、各々に必要とされるOTC医薬品に対いての「説明・服薬指導」も必要とされます。

特に「第1類」に関しては、「症状の再発」である事を確認し「再発治療薬」として用いられますので、「医療従事者」の中でも一番近い存在「薬局薬剤師」は症状の再発であるかどうかを確認した上で、必要なOTC医薬品への「適切な使用法」及び「服薬指導」を行う必要性があるのです。

この様に「薬剤師にしか出来ない」医療的サポートが必要とされているのです。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜