HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 今後の薬剤師の活動分野 > プライマリ・ケア

プライマリ・ケア

今後の薬剤師の活動分野

耳慣れない言葉ですが、今後の医療の現場で中心的存在となりつつあるケアの一つとして「プライマリ・ケア」と言ものがあります。

「プライマリ・ケア」とは、国民の誰もが、「継続的・統合的に調合されたケアが受けられる保健制度」として定義され「地域における大切な福祉機能」として、医療現場で浸透しつつあります。

これは臨床医において必要な能力であり、多くの病気に対する問題を抱える患者や家族及び、介護に携わる人々の心のケアも担う事が可能となります。
つまり、様々な意味での「総合的なヘルスケアサービス」と言えるでしょう。

また、日常的な医療としても「夜間の発熱などへの対処」「ワクチン接種等、様々な病気予防への対応」「病気予防における医療費抑制への取り組み」「認知症・後遺症などの障害に対する生活援助」等、診療時間外においても、地域の相談役としての役割も可能です。
誰もが「公平に気軽に利用できる身近な医療機関」として機能が期待できます。

「プライマリ・ケア」を専門とする医師が「総合内科」の専門医として従事する事で、外来患者が「どの科を受診すれば良いかわからない」等の患者に対し、症状や問題に耳を傾ける事で、必要な専門医へのスムーズな受診を可能に出来ます。
その為必要ない科を受診する事で起こる様々なロスも減り、患者自身の不安やストレスを取り除く役割もあります。

「プライマリ・ケア」は、高額な受診料や検査も必要ないので、その点でも安心して受けられる「社会福祉的なサービス」とも言えるでしょう。

今後は医師だけでは無く、薬剤師における「プライマリ・ケア」も地域医療の発展の為に必要となります。

「「プライマリ・ケア認定医」とは別に「プライマリ・ケア認定薬剤師」と言う資格がありますので、今後地域医療への貢献の為に、薬剤師にも必要とされる専門知識の一つでもあります。
興味がある場合は、詳しく調べて資格を取る事をお勧めします。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜