HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 今後の薬剤師の活動分野 > 軽疾患の初期治療

軽疾患の初期治療

今後の薬剤師の活動分野

疾患の中には、初期の段階で治療する事で、重症化する事を防ぎ、普段と変わらない日常生活を送れるまでに回復するものも多くあります。

「うつ病」「パーキンソン病」「バセドウ病」「膠原病」「メニエール病」「歯周病」「白点病」等、重症化する事で健康的であった日常生活にまで支障をきたし、長期の治療を余儀なくされる事となります。
それに伴い治療の為にかる費用により、経済的にも圧迫され、金銭的に大きな負担を抱える事で、大きな精神的ダメージを受ける事も考えられます。

しかし、これらの疾患は軽度のうちに初期治療する事で、悪化する事を防ぐだけでは無く、本人や家族も辛い思いをすることなく、精神的にも健康な状態を保つ事が可能になります。

「病気の早期発見」は「軽疾患の初期治療」に繋がります。

多くの場合、会社や市町村で行われる「健康診断」を受ける事で、病気を早期発見できるケースが殆どです。
しかし、その「健康診断」によって、既に重症化した疾患が見つかるケースも少なくありません。

この様な最悪の事態を回避する為に必要とされるのが「セルフメディケーション」です。
日頃から自分や家族の体調管理をする事で、早い段階で身体の不調や異常を発見する事が可能です。

「セルフメディケーション」の為には「日常生活の管理」「食生活の管理」が必要とされます。
時には症状に応じて「OTC医薬品の使用」も必要な場合が出てきます。

しかしこのような「セルフメディケーション」を行う上で大切な事は「正確な知識を得る」と言う事です。
「間違った知識」や「自己流」により、健康に害を及ぼす場合や、病気を悪化させる要因にもなりかねません。

一番簡単な方法としては「薬剤師」に相談する事です。
適切な「自己管理」は「病気の早期発見」へと繋がり、「医師」による早めの治療を受ける事で、重症化を防ぐことが可能となります。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜