HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 今後の薬剤師の活動分野 > 地域薬局の役割

地域薬局の役割

今後の薬剤師の活動分野

今後「地域薬局の役割」は、様々な方向で活躍する事が予想され、既にいくつかは、実行されている地域もあります。

最初に挙げられるものに「プライマリ・ケア」と言うものがあります。
「未病を予防する」と言う意味で、日ごろから体調管理をしていく「セルフメディケーション」と言う言葉が広がりつつあります。
様々な「生活習慣病」の発症を抑える為にも、地域の薬局で健康相談をする方が増えてきました。

しかしその一方で、既に発症している慢性疾患に対しての「生活指導や療養環境のアドバイス」の必要性も考えられています。
少子高齢化が進む中で、今後は「継続的な薬の服用」による「体調の維持管理」も増えて行きます。
手術などの緊急を要さない状態であれば、中枢の総合病院では無く、地域の「かかりつけ医」を受診し、継続的に薬を服用する為に、地域の「かかりつけ薬局」で「薬を処方してもらう」と言う医療の形が徐々に定着してきています。

更に、在宅での介護が伴い「在宅医療」を受ける際にも、地域の「かかりつけ医」と「かかりつけ薬局」が連携する事で、きめ細やかな医療を提供する事が可能となります。
「在宅医療」においては、服薬指導や、薬の説明、管理に留まらず、長い期間を在宅で介護する為に、衛生管理や、環境整備のアドバイスも必要とされてきます。

また、現在薬局でOTC医薬品を購入する際にも、要指導医薬品・第一類医薬品においては「薬剤師の販売」が義務付けられています。
その為、既に購入するOTC医薬品を指定している場合でも、ある程度患者様の症状を確認して、その症状に合ったOTC医薬品をお勧めする事、または、医療機関の受診を勧める事も必要となります。
間違った知識で薬を服用し続ける事で、治療可能な病気を悪化させてしまう事もありうるからです。
少しでも早い専門医への受診は、病気の完治を早めるだけでは無く、受診に伴う患者様の医療費の負担を軽減する事にも繋がるのです。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜