HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > お仕事内容 > 今後の薬剤師の活動分野 > 医薬品適正使用のための服薬支援

医薬品適正使用のための服薬支援

今後の薬剤師の活動分野

「服薬指導」は「医薬品の説明だけでは無い」と言う事も重要なポイントの一つです。

「服薬指導」は「服薬支援」でもあり、患者様に薬の服用方法、副作用等の説明をきちんと理解して頂く事で、病気の治療に効果的な医薬品に対する説明をする事が前提です。
患者様の安全な薬の服用なためにも「適正指導」をきちんと伝える必要があります。
その為にも「患者様とのコミュニケーション」は大切な事なのです。

患者様に対して専門用語を使わず、判りやすい説明をする事は、勿論必要ですが、更に安全、安心な服用をして頂く為には、患者様の現在の健康状態や、他に服用している薬の有無を確認する事も重要な事です。
その為に必要になってくるのが、患者様との「コミュニケーション」なのです。

現在の状況を含め、薬の服用状況や、困っている事、疑問に思っている事に応える事も、薬剤師として、より重要な事です。
病気に関する医師からの説明はあったはずです。
実際のところ患者様は、それだけでは不安な事もありますし、心配や疑問を医師には相談できずに診察を終える方も少なくありません。

今後の薬剤師業務においては、患者様の疑問や質問を曖昧に終わらせずに、それに対して的確に応えられるだけの知識と技術も必要とされます。

患者様の中には、耳で聴いただけでは理解が出来ない場合もあります。
そのような時には、説明の際に写真と照らし合わせるなどして、患者様に判りやすくなるような工夫も必要です。

また、言葉に出す事が苦手な患者様もいらっしゃいます。
そのような場合には「お薬手帳」を活用する事で、現在の服薬状況の確認だけでは無く、今日処方される薬との併用による不安感を取り除く為の丁寧な説明も必要になります。

患者様への「服薬支援」で大切な事、それは「患者様の立場になり、より安全に安心して、効果的な服用をしてもらうか」と言う事です。

いろんな可能性をもっている薬剤師という仕事。いままで知らなかった分野にチャレンジしてもいいかもしれないメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜