HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(転職サイト登録) > 転職コンサルタントのサポート内容 > コンサルタントとの関係性を築く

コンサルタントとの関係性を築く

転職コンサルタントのサポート内容

良い転職先を探す場合には、やはり、良い転職支援会社を選ぶ事が重要です。「転職が上手くいかない」と言う、よくありがちな悩みを持つ薬剤師の多くは、転職支援会社との関係性が上手く築けていない場合が多い物です。

担当してくれるコンサルタントから、良い求人情報を得たいのであれば、まずは、企業のコンサルタントと、仲良くなる事です。

第一に必要なのは「マメに連絡を取り合う」と言う事です。
最初の面談の際に、自分の希望する職種や給与、勤務地、待遇など話してはいると思われますが、それ以外にも、連絡を待つばかりでは無く、自分で気になる事や疑問に思った事が有る場合には、常に連絡を取る事を心掛けましょう。

「つまらない事で連絡を取るのは迷惑では無いだろうか」と考える方もいらっしゃいますが、決してそんな事はありません。

コンサルタントとしては、常にそう言った、疑問や不安、又は、面談の際に話し忘れた事を、電話やメールで話してもらう事で、最も適した職場の求人情報を提供できるのです。

また、求人情報と言うものは「生もの」と同じで、いち早く情報を得た人が良い求人に出会う確率も高くなります。
その為にも、コンサルタントとの連絡を密にする事が、転職成功のポイントともなるのです。

ある程度、自分の気に入った求人情報を提供して頂いたときは、まずは条件や待遇を良く検討した上で、「職場見学」をする事も必要です。
その為には、やはり担当のコンサルタントに日時の調整を行ってもらわなければなりませんので、こう言った細かい部分でも、コンサルタントとの関係性がとても重要となってくるのです。

転職支援会社やそれに伴うコンサルタントとの関係を良好に保つ事で、通常では入手できないような転職の情報も提供してくれる可能性が大きくなります。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜