HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(転職サイト登録) > ブログ > 薬剤師の転職サイトをなりふりかまわず100%使う方法

薬剤師の転職サイトをなりふりかまわず100%使う方法

ブログ

ライター:イブラヒモビッチ

転職方法として人気を集めだした転職紹介サイト。

専門のキャリアコンサルタントが転職を完全サポートしてくれる素晴らしいサービスですが、普通に使っていては望み通りの転職なんかできやしません。

たとえ、土下座しようが、恥をかこうが、転職を成功させたい!と願う猛者だけ読んでくださいね(・ω<)

言いたいことははっきり言う

話し合い

サイトに登録後、担当のコンサルタントと面談をして、こちらの希望を伝えます。

ここでは言いたいことははっきり言いましょう。建前で答えてはいけません。日本人の悪い癖は今だけなくしましょう。

特に給与。お金のことは本当に言いづらいですよね。だからこそ言いましょう。周りのライバルたちもきっと同じ気持ちです。だからこそ恥を捨て、建前を捨てましょう。

「言いにくいことをはっきり言える…。この子、見込みがあるかも!」

なんてコンサルタントに思わせればこちらの勝利です。

思ってもらえなければ、ただの金の亡者に思われますが致し方ありません。

事実ですしね?

デメリットもちゃんと聞く

塗りつぶされた書類

良いことしか耳にいれないあなたには難しいことですが、紹介された職場のメリットだけではなく、デメリットもきちんと聞いておきましょう。

メリットしかない職場なんて存在しませんからね。メリット・デメリットは人によって変わります。コンサルタントがデメリットと言っても、あなたにとってはデメリットではないことも。

「めっちゃ給料いい職場あるよ!」と聞いて転職しても、人間関係が最悪だったら目も当てられません。

嘘は言わない

口に手をあてている

ドキッとしたあなた、あなたのことですよ。

面接でよく聞かれるのは以前の職場を辞める理由。在職中であれば、なぜ転職するのかを聞かれるのでしょう。

自分をよく見せたいのが人間の性。けど嘘はいけません。本当のことを正直に言いましょう。

相手は何人も面接をしている百戦錬磨のプロです。嘘は必ずバレます。

お金が欲しいならお金が欲しい、嫌いな人がいたら嫌いな人がいた、正直に話しましょう。

相手は仏ではありませんが人間です。こちらの気持ちは必ず伝わります。

理想的な職場を見つけるために

いかがでしたか?言われてみると当たり前のことばかりです。

要は小細工はするな、正面からぶつかれってことです。

海の前でパソコン

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜