HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(転職サイト登録) > 転職支援サービス活用術 > 年収・勤務地・就業条件の中で優先条件を決めておく

年収・勤務地・就業条件の中で優先条件を決めておく

転職支援サービス活用術

薬剤師と言う職業は「転職」の多い職業の一つです。 転職の理由は、人それぞれではありますが、多く挙げられる理由としては「人間関係」「結婚や出産・育児を期に」「キャリアアップの為」等が一般的なようです。

薬剤師の転職なら薬剤師専門求人サイト

転職の『目的』

特に調剤薬局等は、狭い薬局内で少人数での業務となりますので、どうしても人間関係に気を遣います。 女性の場合は「結婚や出産・育児」で「時間が不安定になりがち」「休みを取りたい」等、周りに気を遣わなければならない状況が増えてきます。 その為、やむなく転職する女性薬剤師も少なくありません。 そう言った場合の転職は「育児・出産がしやすい職場」と転職の目的が決まっています。 また、「キャリアアップの為」と理由を答えられる方も、目的がはっきりしているので、このように「明確な目的」がある場合は、転職先も見つけやすくなります。

大事なのは『優先順位』

035356

「給与・勤務地・就業条件」全てにおいて「少しでも良いところ」などと漠然とした目的で転職に臨む方も多くいらっしゃいます。 そう言った方は、は中々転職先が見つからないと言う状況に陥ってしまいがちです。 転職の際に必要とされるのは「転職先に希望する事」に対して「優先条件をはっきりさせる」と言う事です。

「すべての希望」を全部一度にかなえようとした場合、どれも大きく条件と食い違ってしまい、中々転職先は見つかりません。 「調剤薬局・ドラッグストア・病院」等は、規模はあまり大きくありませんので、有名な大企業のような「福利厚生」を求めても難しいかもしれません。

また、給与にしても、交渉次第では自分の希望に近くなるかもしれませんが、これも絶対とは言い切れません。 「転勤はしたくない」と思っても全国展開の薬局かもしれません。 全てが自分の希望通りになる職場はそう簡単にはないのです。 転職をする際は「自分はなぜ転職をするのか」「転職先に最低限臨む条件はなにか」をはっきりとさせてから、優先条件を決める事が必要です。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜