HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(転職サイト登録) > 転職支援サービス活用術 > 内定後の辞退

内定後の辞退

転職支援サービス活用術

内定を頂いた時点で、「やはりこの勤務先では不安が有る」「他の転職支援サイトからの紹介された職場からも内定を貰えた」等といった場合、内定を辞退する事は可能です。

転職支援会社も、事前に転職希望者が、複数の転職支援サイトに登録している事はある程度わかっている、もしくは、最初の段階で話してある場合は、内定が重なる事もしばしばあり、想定内の範囲と思われて大丈夫です。

内定を辞退したことで、その転職支援会社が、今後不利になると言う事も、心配は有りませんので、辞退したい理由をしっかりとお話して、きちんとお断りした方が無難です。

内定が決まる場合、正式な「内定通知書」を頂ける職場であれば、後々トラブルに見舞われる事は少ないのですが、採用側によっては、面接の時点で口答で内定を伝えられる場合もあります。
この場合には、直接言いづらい時には、コンサルタントに相談して、必ず正式な「内定通知書」を出してただけるようにしましょう。

内定通知書には、「入社予定日・雇用形態・契約期間・就業場・業務内容・休日・休暇・賃金・退職に関する事項」等が記載されています。
万一、記載内容で、最初に出した条件と少しでも違う点や、納得できない点がある場合には、一旦、専任のコンサルタントに相談するべきです。

特に労働条件や、休日や、賃金に関しては大切な部分でもあります。
現在の職場よりも、条件の悪い職場へ転職する人はまずいないでしょう。
現職よりも、条件(特に、賃金・待遇・労働条件)が良い所に転職したいから、転職支援会社に登録して転職活動をしている訳ですから、納得の行かない部分が有る場合に、無理してまで転職をしなければならないと言うのは間違っています。

転職成功の秘訣は、内定をもらった後も、最後まで自分の納得の行く条件で転職する事が一番大切です。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜