HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(転職サイト登録) > 転職支援サービス活用術 > 他の転職支援会社も利用していることを伝えておく

他の転職支援会社も利用していることを伝えておく

転職支援サービス活用術

薬剤師の転職において、他業種と異なる点は「通常の求人誌では情報を得にくい」と言う点です。
その為、多くの薬剤師が転職の際に利用するのが「転職支援会社」です。

「転職支援会社」も1社だけではありませんので、幾つか(最低でも3社程度)に登録する事をお勧めします。
会社によって、得意な「地域」や「職場」」及び「業務内容」が違いますので、いくつかの会社から情報を得る事が転職を成功させる重要なポイントになります。
また、求人数が増える分、多くの情報から自分にあった転職先を見つけられる事で「本当にやりたい仕事」「条件に合った職場」を自由に選ぶ事が可能になります。

ただ、1点だけ注意する点があります。
それは、それぞれの転職支援会社に「他の転職支援会社も利用している」と言う事をはっきりと伝える事が必要です。

「他社を利用している事でハンディが出来るのではないか」と言う事は心配する事はありません。
大抵の場合、利用者はいくつかの会社に登録しているのが当たり前です。
そのことで「求人の紹介をあまりしてもらえない」「きちんと対応してもらえない」と言った事は決してありません。
むしろ、それぞれの転職支援会社は、自社の転職サービスに自信もありますし、取引先である求人先にも、少しでも良い人材を紹介する事でメリットにもなる為、手を抜くような事はありません。

もし、他社からの求人の紹介と悩んでいる場合、そのことをきちんと話していれば、相談する事も出来ますので、自分にとって最も良い選択が出来ます。
また、他社の紹介で面接を受ける事を黙っていたことで、面接予定日が重なってしまう場合や、どっちつかずの曖昧な返事ばかりしている事で「この人にはやる気が感じられない」と思われ、せっかくの良い求人を他の利用者に回されてしまう事もあります。

良い転職をする為にも、他社を利用している事を伝える事は必要です。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜