HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(転職サイト登録) > 転職支援サービス活用術 > 複数の転職サイトに登録しておく

複数の転職サイトに登録しておく

転職支援サービス活用術
パソコンを見て微笑む女性

「転職支援サイト」は薬剤師に限らず他の職種でも無料で利用できるサイトがほとんどです。

満足のいく求人を紹介してもらうなら《満足度No.1の薬剤師専門転職サイト》がおすすめです

『マイナビ薬剤師』をすすめる理由

  • 1人平均21件の求人紹介の実績
  • ・薬局事情に詳しい専任コンサルタント
  • 求人先の雰囲気など聞きずらい情報もおまかせ

●転職サイトはいくら登録しても無料

「転職の専門サイトに登録するとお金がかかりそう」と言うのは間違いで、全くお金を掛ける事無く求人情報を集められる上に、コンサルタントによる様々な転職活動サポートが受けられます。 せっかく無料で利用できるならこれを上手に使った方がお得だと言う事はお解かりいただけると思います!

より多くの求人の中から選びたいのであれば「転職支援サイト」は「複数登録」

非公開求人が強みのサイトはこちら《やりたい仕事が見つかる転職サイト》

『リクナビ薬剤師』をすすめる理由

  • コンサルタントの対応の良さに定評がある
  • 勤務条件の交渉なども代わってやってくれる
  • ・薬剤師転職のプロが最短3日での転職成功をサポート

●転職サイトによって異なる求人情報

147296

各サイトによって、得意先である病院や薬局から「○○出来る薬剤師」等の条件を付けた「非公開求人」を取り扱っています。それぞれの運営会社のお得意先があるので、サイトによって異なってくるのです。 選択肢の幅を広げる意味でも「複数サイトの登録・利用」(最低でも2~3社)は転職の常識でもあります。

また、各サイトによって専門コンサルタントのアドバイスも様々です。

ある大手転職支援サイトでは、転職成功者にアンケートを取ったところ「転職決定者」の登録したサイト数は、平均4・2社と言う結果が出ました。ある程度話を詰めて行くうちに、自分に合った職場・面接してみたいと思う職場が見つかった時点で一つの転職サイトに絞った方が「成功率が高くなる」と言う事は覚えておきましょう。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜